日韓首脳、会話はひとことか〜1年1か月ぶりに11分間接触

ニッポン放送「ザ・フォーカス」(11月4日放送)に産経新聞論説委員・フジサンケイビジネスアイ編集長の山本秀也が出演。ASEANでの日韓首脳の接触について解説した。

第3回RCEP首脳会議 撮影日:2019年11月04日 撮影地:バンコク Avalon/時事通信フォト (191104) — BANGKOK, Nov. 4, 2019 () — Japanese Prime Minister Shinzo Abe (L) shake hands with South Korean President Moon Jae-in during a photo session of the 3rd Regional Comprehensive Economic Partnership (RCEP) Summit in Bangkok, Thailand, Nov. 4, 2019. (/Zhu Wei)

日韓首脳がタイ・バンコクで接触。11分間話し合う

ASEAN(東南アジア諸国連合関連会議)に出席するため、タイのバンコクを訪れている安倍総理大臣と韓国の文在寅大統領が4日午前、接触したと韓国大統領府が明らかにした。2人が話し合った時間は11分間だった。

森田耕次解説委員)安倍総理はASEAN(東南アジア諸国連合関連会議)などに出席するため、3日からタイを訪問中でして、4日はASEANと日中韓の首脳会議に出席しました。出席に先立って、日本時間の4日午前10時35分ごろ、控室で韓国の文在寅大統領と安倍総理が接触をしたと。韓国大統領府の発表だと、この接触はおよそ11分間、日本政府の発表ではおよそ10分間、言葉を交わしたということです。両首脳は日韓関係の重要性で一致して、両国間の懸念は対話を通じて解決すべきという原則を再確認したということです。2人が着席した形で対話したのは、去年2018年9月のアメリカ・ニューヨーク以来およそ1年1ヵ月ぶりということです。

山本)ただ、これはとても会談とは呼べるものではないですよね。ソファーに一応腰をかけたようですが、10〜11分となると通訳が入って実質5分ですからね。

森田)冒頭で安倍総理は文在寅さんのお母さんが亡くなったことに弔慰を伝えて、韓国政府が10月の即位礼正殿の儀に李洛淵(イ・ナギョン)首相を派遣したことについて謝意を述べました。それから、いわゆる元徴用工訴訟問題について、日韓請求権協定に基づく日本の原則的立場に変更はないと伝えたということです。韓国側によりますと、懸案は対話を通じて解決すべきだという原則を確認して、実質的な関係進展を図るという認識を共有したと。4日の接触は事前に予定されたものではなく、文在寅大統領の呼びかけで実現したようですね。

山本)韓国側は会いたいということを前から言っていまして、当然その流れだと思うのですが、いま紹介にあった原則を述べたらもう5分ですから、それより踏み込んだものではなかったはずです。

森田)いわゆる元徴用工の裁判については、これまた原則を言い合ったということなのでしょうね。

山本)ひと言ずつですね。しかし、関係がこのままでいいとは思っていないのは両国、両国民の大多数なわけですから話し合いは当たり前ですが、何を話すのかです。

「日本盗っ人たけだけしい 」韓国の文喜相国会議長=2019年2月18日 写真提供:共同通信社

G20で「天皇謝罪要求」の文喜相議長が来日

森田)日本国内ではG20、20の国と地域の国会議長会議が4日に国会で開かれまして、「天皇の謝罪で慰安婦問題が解決する」と発言をした韓国の文喜相(ムン・ヒサン)という国会議長が日本に来ています。

山本)3日についたようですね。

森田)この文喜相議長は記者団に対していわゆる元徴用工らの裁判に絡んで「日韓の企業と個人から寄付を募って、韓国で日本企業を相手に裁判を起こした元徴用工らに支給するという法案をつくった」と述べたというのです。

山本)彼がどういう試案をつくったのかは知りませんが、日本企業も巻き込むという法案ですよね。これは受け入れがたいような気がしますね。

森田)韓国国内でもコンセンサスを得られるのか。原告は被告の日本企業から謝罪や賠償を求めているわけですからね。実際にこの法案を国会に提出できるのかもわかりません。ただ、ここの原則のところが動かなければ、日韓関係は変わってきません。

山本)まさに原則問題なので、軽々な試案で動かせるものではないですからね。結局、韓国側が国際法に基づいてきちんと対応をしてこない限り、日本側としてこれに応じることはできないでしょう。

ザ・フォーカス
FM93AM1242ニッポン放送 月-木 18:00-20:20

関連記事(外部サイト)