COP25〜小泉環境大臣が説明すること

ニッポン放送「飯田浩司のOK! Cozy up!」(12月11日放送)に数量政策学者の高橋洋一が出演。気候変動対策について話し合うCOP25の開催について解説した。

フロン類の適切な回収・処理に向けた国際枠組みの設立を宣言した小泉進次郎環境相(左から4人目)=2019年12月10日、スペイン・マドリード 写真提供:時事通信

COP25閣僚級会合が開幕

気候変動対策について話し合うCOP25の閣僚級会合がスペインの首都、マドリードで始まった。日本からは小泉進次郎環境大臣が出席。日本の石炭火力発電の利用に対する批判が出ていることについては、「逃げずに説明した上で日本の取り組みをアピールしたい」と話している。

飯田)国連気候変動枠組条約第25回締約国会議(COP25)。日本は石炭火力をたくさん使っているということで、「化石賞」をいただきました。

高橋)冗談でね。

飯田)梶山経産大臣は「そんなことを言われても、火力を使わないと電気がつくれない」というスピーチも行ったようです。

高橋)バランスなのだと思います。日本の火力はヨーロッパの火力と違って、省エネがあるわけです。全体的に二酸化炭素(CO2)の削減に貢献するかどうかという問題です。「一部だけ取り出していろいろ言うのは生産的ではない」と、小泉さんは言うのではないでしょうか。全体でみたら日本の火力はそんなにないし、省エネもあるので他のところで補えると言えば、反論はできないですよ。全体でどれだけ出るかが問題です。

飯田)しかも日本の全体ということよりは、世界全体ですよね。

ニッポン放送「飯田浩司のOK! Cozy up!」

日本にはCO2があまり出ない技術もある〜世界でどのくらい貢献しているか

高橋)どのくらい貢献するかという話です。特に日本にはCO2をあまり出さない技術がありますから、それが世界でどのくらい貢献していて、日本でどのくらいのマイナスがあるかということを説明するのだと思います。

飯田)「日本はCO2を垂れ流している」と批判する人はいますが、もっとCO2を排出している国があると思います。

高橋)隣の中国などがそうでしょう。たくさん出るから、日本のビジネスになるくらいです。向こうは人口も多いですから、このまま行くと大変ですよ。「自分のところは途上国だ」と言うのですが、たくさん出しているので先進国と一緒にやってくれということですよね。日本にも偏西風に乗って、ガスが来るではないですか。

飯田)黄砂とか。

高橋)まだ黄砂は自然ですが、PM2.5なども来ますよね。

飯田)その辺も話し合えればいいのですが、環境活動家はなかなかそこに言及してくださらない。

ニッポン放送「飯田浩司のOK! Cozy up!」

8歳のドイツの少女も登場

高橋)環境活動家の方々は、独特なところがありますからね。誰かをシンボリックに取り上げてみたり。

飯田)最近は8歳のドイツの少女も出て来ました。

高橋)いろいろな人が出て来ますよね。ふき込んで、そこまでしなくていいと思いますがね。CO2がたくさん出るのはまずいので、いろいろな仕組みをやって行くとしか言いようがないのです。活動家の方はすぐやめろと言いますが、それは無理です。

飯田)持続可能性とみると難しいですよね。

高橋)すぐやめるなんて、できるわけがないですから。

飯田浩司のOK! Cozy up!
FM93AM1242ニッポン放送 月-金 6:00-8:00

関連記事(外部サイト)