「毎月勤労統計調査」から「桜を見る会」まで〜安倍政権が抱える危険な状況

ニッポン放送「飯田浩司のOK! Cozy up!」(12月26日放送)にジャーナリストの鈴木哲夫が出演。2019年の安倍政権、自民党について総括した。

政治 統計不正・賃金偽装真相究明野党合同院内集会で勢を上げる野党議員ら=2019年1月29日午後、国会内 写真提供:産経新聞社

ジャーナリスト・鈴木哲夫が見た2019年の安倍政権

12月26日に7年を迎えた安倍政権。2019年は毎月勤労統計の不適切調査に始まり、「桜を見る会」の問題、閣僚の問題、議員の逮捕とさまざまなことがあった。2019年の政治はどうだったのか、鈴木哲夫が2019年の政界を振り返る。

飯田)毎月勤労統計調査、そんなこともありました。

鈴木)参議院選挙前でしたね。そして、2018年になりますが、障害者雇用の水増し問題。霞が関の役所が、障害のある人を採用している数字を出していて、それが嘘だった。そして勤労統計に桜を見る会。安倍政権の問題点を敢えて言えば、三権分立を壊していると思うのです。三権分立は民主国家として基本中の基本です。立法(国会)、行政(政府)、司法。これがお互いに独立して、厳しくチェックし合うことでバランスを取る。これが国の基本です。いま挙げた問題は、全部行政がしでかしたことです。それをチェックするのは、三権分立で言えば、司法と国会です。国会がもっとチェックしなければいけないのに、桜を見る会では国会を閉じてしまいました。この3つのケースはどれもそうですが、行政のなかだけで第三者委員会のようなものをつくって反省し、処分して、行政のなかだけで再発防止を考えて、ハイ終わりと。例えば、何か罪を犯した人が自分で自分の刑を決めて、反省を自分で行い、自分で再発防止策を決めて「これで終わりです」としたら、それで済むと思いますか? 三権分立でチェックすべき国会がきちんと機能しているのか、それを疑問に感じました。

今臨時国会が閉会し記者会見に臨む安倍晋三首相=2019年12月9日午後、首相官邸 写真提供:産経新聞社

安倍一強が続くことによって三権分立が崩れて来ている〜矜持がなくなった自民党

鈴木)桜を見る会も、最後までやらずに国会を閉じてしまった。なぜこういうことが起きるのかと言うと、安倍政権が一強で非常に強いから、どうしてもみんながそっちを向いてしまう。野党は一生懸命に追及していますが、ポイントは国会の第一党である与党の自民党の矜持、プライド、責任なのです。議院内閣制によって、国会の第一党の自民党から、行政トップである総理大臣が出るので、守られるのは当然です。しかし、ここまで行政に酷いことがあれば総理に説明を求め、官僚を呼びつけて「なぜ、このような不正をしたのか?」と追及し、三権分立の矜持を見せなければいけません。これができていない。今回も自民党が国会を閉じてしまいました。安倍一強が続くことによって、三権分立が崩れて来ていることは問題だと思うし、いちばん考えなければいけないことです。それがわかりやすいのが「桜を見る会」でした。

政治 障害者雇用水増し問題・野党合同ヒアリングで関係各省庁の職員から聞き取りを行う障害者団体の代表者=2018年8月24日 写真提供:産経新聞社

異を唱える自民党議員がいない〜国民からも不信感

飯田)臨時国会ではアメリカとの貿易協定が目玉で、これが通った瞬間に閉じてしまいました。野党は野党で、抵抗するとなったら全部止めると。与党は与党で、取り敢えず通したいものは全部通す。これは委員会を立ち上げるなどして、同時並行はできないのでしょうか?

鈴木)何か大きな事件や特別なテーマがあるときは、特別委員会をつくるので、そういう方法もあると思います。そんなこともせず、自民党はやたらと閉じる方向へ走るでしょう。昔の自民党は総理を糾弾する人がいて、それが結果的に自民党政権のバランスにもなっていました。だけど、いまはみんながそっちを向いてしまっています。政治の安定はプラスではあるけれど、緊張感がないと権力は国民の方を向かなくなります。緊張感があるからこそ、選挙を意識して国民の言うことを聞くでしょう。野党が早くまとまることによって緊張感をもたらすし、自民党や安倍さんは、基本的なことが壊れて来ていることを自覚して欲しいと思います。

飯田)かつては反対する人も大義名分として、立法は立法府のプライドや矜持で、「言うべきことは言う」という派閥のトップがいましたよね。

鈴木)それでも最後は自民党で1つになるのです。言うべき人もいるのが自民党のよさでした。12月の時事通信の世論調査で、自民党の政党支持率が大きく落ちています。世論はそういうところを見始めたのではないでしょうか。それが数字に表れている気がします。

飯田浩司のOK! Cozy up!
FM93AM1242ニッポン放送 月-金 6:00-8:00

関連記事(外部サイト)