あいおいニッセイ同和損害保険・エーオンベンフィールドジャパン・横浜国立大学に地球環境大賞

「産業の発展と地球環境との共生」に向けて、地球環境の保全活動などに熱心に取り組む企業や自治体、学校などを表彰する「第29回地球環境大賞」(主催:フジサンケイグループ)の受賞者が決まり、大賞には、世界初のリアルタイム被害予測ウェブサイト「シーマップ(cmap. dev)」を開設した、あいおいニッセイ同和損害保険・エーオンベンフィールドジャパン・横浜国立大学が選ばれた。

「シーマップ」は、台風や豪雨、地震など災害発生時の迅速な救助・支援活動を円滑にするため、被災した建物の棟数や被災率をリアルタイムで予測するサイトで、あいおいニッセイ同和損害保険が横浜国立大学、エーオンベンフィールドジャパンと共同開発し、2019年6月から公開した。

パソコン、スマートフォンなどあらゆるデバイスから24時間365日閲覧が可能なリアルタイム被害予測を世界で初めて無償で公開、台風・豪雨は 1時間ごとに更新して 5日間表示、地震は発生 10分後、3日間表示する。気候変動を起因とする自然災害の大規模化・激甚化に対応する産学共同取り組みとして注目される。ハザードマップやシミュレーションとは異なり、現在発生中の自然災害の予測結果を地図上に表示するため、現在の被災地域の状況とその後の予測から、住民による避難や自衛隊などによる救援の情報として活用できる。シーマップには、風速の可視化や天気・気温といった気象情報や過去の台風・地震のシミュレーションを表示させる機能もあり、これを活用して防災・減災への備えにも役立てることができる。

《第29回地球環境大賞 受賞者一覧》

【地球環境大賞】あいおいニッセイ同和損害保険株式会社・ エーオンベンフィールドジャパン株式会社・ 国立大学法人横浜国立大学
〜世界初 リアルタイム被害予測ウェブサイト「シーマップ」を開設

【経済産業大臣賞】セイコーエプソン株式会社
〜最小限の環境負荷を実現する「インクジェットイノベーション」を推進

【環境大臣賞】積水化学工業株式会社
〜自然災害時の被害を最大限抑制 「在宅避難」できる家を実現

【文部科学大臣賞】国立大学法人岐阜大学
〜産学官連携で水素エネルギーを中心とした次世代インフラの構築へ

【国土交通大臣賞】森ビル株式会社
〜子供たちと創る未来の環境都市 「ヒルズ街育プロジェクト」の展開

【農林水産大臣賞】株式会社アキュラホーム
〜間伐材を活用した「木のストロー」の普及活動

【日本経済団体連合会会長賞】昭和電工株式会社
〜使用済プラスチックのケミカルリサイクルによる 低炭素な化学品原料化・資源循環事業

【フジサンケイグループ賞】三菱電機株式会社
〜宇宙からの観測技術で地球環境保全活動へ貢献

【奨励賞】大王製紙株式会社
〜プラスチック代替素材の高密度厚紙「エリプラペーパー」を開発

【奨励賞】リファインバース株式会社
〜日本初、使用済み廃棄漁網を中心としたナイロンリサイクル事業

関連記事(外部サイト)