安倍総理が森法務大臣に厳重注意〜この時期に国会を止めるのはいかがなものか

ニッポン放送「飯田浩司のOK! Cozy up!」(3月13日放送)に外交評論家・キヤノングローバル戦略研究所研究主幹の宮家邦彦が出演。安倍総理が森法務大臣に対して厳重に注意したというニュースについて解説した。

安倍首相から厳重注意を受けた森雅子法務相は、国会答弁を真摯に反省・撤回し深くお詫びすると話した=2020年3月12日午後、首相官邸 写真提供:産経新聞社

森法務大臣の発言をめぐり安倍総理が本人に厳重注意

安倍総理)森法務大臣の国会の答弁における不適切な発言について、私から本人に厳重に注意を致しました。既に森法務大臣自身が発言を撤回、謝罪をしているものと承知しております。今後、より一層緊張感をもって、職務を果たして行ってもらいたいと思います。

 

森雅子法務大臣が東日本大震災時に「検察官が最初に逃げた」と答弁した問題をめぐって、総理は12日、官邸に森大臣本人を呼んで厳重に注意した。その後、総理は記者団の取材に応じ、「今後、より一層緊張感をもって職務を果たしてもらいたい」と続投させる考えを示している。

飯田)東日本大震災時に検察官が撤退したというのは間違いではない。それから、犯罪被疑者を釈放したというところも間違いないということですが、最初に逃げたというのは少し違うとのことです。

宮家)個人的な意見だとおっしゃるわけですね。でも個人的な意見と言ったって、法務大臣なのだから、それは個人的な意見だと言って済むわけではない。よほど個人的に嫌なことがあったのかは知りませんけれど、こんなことを言ってはいけないですよ。検事は自分の部下なのですから。

新型肺炎/テドロスWHO事務局長がパンデミック宣言=2020年3月11日 写真提供:時事通信

新型コロナウイルスがパンデミックとなったいま、国会を止めていいのか

飯田)野党はこの部分で、国会を全部止めるということです。

宮家)重要な問題だとは思うけれど、パンデミックが起きているときに国会を止めてしまうのはいかがなものか。その間、議論が止まってしまうわけですからね。まあ仕方がない、これが日本の国会の戦い方だから。でも、もう少し他のことを考えて戦い方を変えられないものか、必要な議論だけはできるようにならないのでしょうか。

飯田)国会は議論の場であって、法律を作る場である。職場放棄が正当化されるのは…。

宮家)多数決というのはこんなもの、仕方がないのかもしれないけれども、コンピュータがこれだけ進んだ時代に、こんなことをやっていていいのかとは思います。

飯田)通年国会だとか、いろいろな意見は出るけれども。

宮家)やられる方も大変ですよ、役人は。

飯田)それに振り回される人たちがいっぱいいると。

宮家)もう少し効率的にやりたいですね。

関連記事(外部サイト)