小池都知事「私のマスクは近所の方からいただいた手作りのものです」

ニッポン放送「飯田浩司のOK! Cozy up!」(4月20日放送)に小池百合子東京都知事が出演。リスナーからの新型コロナウイルスの対策についての質問に回答した。

【新型コロナ 小池都知事会見】記者会見に臨む東京都の小池百合子知事=2020年4月15日午後、東京都新宿区の都庁 写真提供:産経新聞社

飯田)この方にお話を伺います。小池百合子東京都知事です。非常にお忙しいなか、お時間をいただきましてありがとうございます。本当に大変な状況ですけれども、リスナーのみなさんから都知事にインタビューができるということで、メールやツイッターでたくさんの質問をいただきました。まずはラジオネーム“コアラン”さん、千葉県佐倉市にお住いの48歳、会社員の男性の方。「イギリスのジョンソン首相がコロナにかかってしまいましたね(先日退院されましたが)。都知事が注意されていることなどはありますか?」という質問です。

小池)毎日どころではないですが、手洗いを守っています。正しい手洗いの方法を収録しまして、それをSNSに上げたところ、ただ手を洗っているだけなのですけれども、300万回以上のアクセス数がありました。

飯田)手ばかり洗っていると荒れませんか?

小池)ちゃんとハンドクリームをつけています。

飯田)そこはセットで。やらないと本当に大変なことになりますからね。そして、もう1つの質問が女性から来ています。

新行市佳アナウンサー)東京都狛江市にお住いの44歳主婦の方、“うどんすき”さんからいただきました。「すみません、会見で拝見する都知事のマスクがオシャレで気になっています。手づくりですか?」といただきました。

小池)手づくりです。ただ私ではなく、ご近所の方が何枚かつくってくださったのです。少し大きめに見えるのですが、マスクが大きいのではなくて、私が小顔なのですね。

新行)日によってマスクの柄も違っていて、服装に合わせていらっしゃるのかなと。

小池)なかなかそういう余裕はないですが、私の前の地元の応援してくださった方々などから、レースの素晴らしいものなど、どんどん集まって来ています。私は前から「風呂敷でエコバッグ」と言っていたのですが、日本全国から風呂敷が結果的にたくさん集まったことがあって、いまはマスクが集まっています。安心なのですよね、マスクをしているということが。もちろん機能の問題も大きいのですが、人に迷惑をかけないことがいちばんだと思います。コロナの問題は中国から始まったけれども、いまや世界中に拡がって、数ヵ月でこんなに世界の景色が変わるのだなと改めて思います。東京は首都で人口も多く、歓楽街も多いですし、感染者数が毎日出て来るたびにハラハラドキドキしているような状況です。ただ都民のみなさんにはハラハラドキドキしていただかないように、とにかく医療崩壊を招かないということをベースに、これからもしっかり対応して行きたいと思います。

関連記事(外部サイト)