沖縄本土復帰48年〜青山繁晴が提唱する「5月15日を国民の祝日に」

ニッポン放送「飯田浩司のOK! Cozy up!」(5月15日放送)に自由民主党参議院議員の青山繁晴が出演。15日に本土復帰48年を迎えた沖縄の存在について解説した。

記者会見する沖縄県の玉城デニー知事=2020年5月15日午前、沖縄県庁 写真提供:共同通信社

沖縄本土復帰、48年

沖縄県は15日、1972年にアメリカの施政権下から本土に復帰して48年を迎えた。沖縄の玉城デニー知事はコメントを発表し、「過重な基地負担、民意を無視した政府による新基地建設に係る埋め立て工事の強行など、解決すべき課題が依然として存在している」と訴えた。

飯田)沖縄が祖国復帰48年を迎えておりますが、尖閣の周辺など波も高くなっています。玉城知事はそれに関して、何かコメントを発したとは報道されていませんが。

日本復帰署名運動(1954年)(沖縄返還-Wikipediaより)

青山議員が提唱して来た「5月15日を国民の祝日に」

青山)私は、「5月15日を国民の祝日にしましょう」ということを長いこと提案して、特に沖縄の皆さんと話して来ました。新人記者のときに、「ひめゆりの塔」が有名ですけれども、「白梅之塔」というものがあって、そこに初めて訪れました。ひめゆり学徒看護隊以外にも、女子学生たちが祖国のために、日本の未来のために奮闘した学徒看護隊はたくさんあって、そのうちの1つが、沖縄第二高等女学校の少女たちの白梅学徒看護隊だったのです。その後、ご縁で生き残った少女たちとお会いしました。現在、それなりの年齢になられているわけですけれども、私がハグいたしますと、私の腕のなかで15歳に戻られるのですよ。

学校跡に建つ「白梅の乙女たち」像(那覇市、松山公園)(白梅学徒隊-Wikipediaより)

沖縄の学徒看護隊と戦後

青山)その方たちに、なぜ5月15日を国民の祝日にすることができないのでしょうかと聞いたところ、「米軍基地が残ったまま祖国復帰になったからです」とおっしゃいました。日本には青森県の三沢から始まって、たくさんの米軍基地があります。敗戦後、日米同盟でソ連から、いまでは中国から日本を守って来たところもある。玉城知事がおっしゃっている通り、克服しなければならない具体的な問題は山のようにあります。そのためにもまず連帯が必要です。同じ日本国民として、白梅の少女、ひめゆりの少女たちも、無駄死にをしたのではなく人のために生きて、「こういう生き方があります」ということを私たちに教えてくださったのです。その共通点があって、祖国復帰はつながるのです。敗戦によって断ち切られたのではなく、沖縄のために日本があり、日本と一緒に沖縄がありということが続いて来たのです。「いままでのことを克服して、新たな連帯として5・15を国民の祝日にしませんか?」ということを話しかけました。すると、白梅の少女たちはいま80代ですけれど、じっと考えられて、「それは私たちの敗戦後の60年、70年の歩みを根本から考え直す大変なことなので、時間をくれませんか」とおっしゃってくださいました。そういうことを、教育を通じて考えることが大事なのです。まず、国民の祝日にしましょうというところから、あたかも、いまの沖縄の同胞と本土の私たちの気持ちにズレがあるようにメディアは伝えますが、そのことを考え直す始まりの日にしたいと思います。

【沖縄県民投票】投票締め切りと共に配布された地元紙の「反対多数」の号外を見る人たち=2019年2月24日午後、那覇市 写真提供:産経新聞社

根幹に立ち返り、沖縄と本土が連帯するべき

飯田)辺野古にしても、現地を取材して歩くと、「反対一辺倒の沖縄と政府がぶつかっている」という本土の報道がいかに違うかということを実感します。皆さん、日々の生活もあり、そして日本を守るということも意識しながら悩んでいます。同じことを考えているのだなということが、取材をしているとわかるのですが、なかなかそれが表に出て来ません。

青山)私も辺野古に30回近く行っていますが、そこで座り込んで議論すると、もちろん違いは大きいけれども、微かに一致点が見つかることがあるのです。同じ沖縄県の石垣市の尖閣諸島で、日本国民の漁民の方がたが、機関砲を積んだ船で追いかけまわされたという重大事案が起きたばかりの5・15です。中国が現実に沖縄県内に侵入しているわけですから、そこからどう守るかという1点でも、本当は新しい連帯が始まるはずなのです。いままでの主張を捨てるということではなく、飾りを捨てて素のままの心で向き合えば、「うちなーぐち」という沖縄の言葉がありますけれど、語順が日本語とまったく同じなのです。言葉の仕組みこそ同胞の基本です。そういう根幹に立ち返って、まさしくこれも連帯のときが来ていると思います。「5・15を国民の祝日に」という国民の運動が起きればよいと思っています。

関連記事(外部サイト)