「東京オリンピックは予定通り開催」バッハ会長が異例の声明〜他の都市での開催否定

ニッポン放送「ザ・フォーカス」(3月4日放送)に産経新聞客員論説委員・国際医療福祉大学の山本秀也が出演。スイスで開催されたIOC(国際オリンピック委員会)の理事会について解説した。

記者会見する国際オリンピック委員会(IOC)のトーマス・バッハ会長=2020年2月4日、スイス・ローザンヌ 写真提供:時事通信社

IOCバッハ会長「東京オリンピックは予定通り開催」と発言

IOCの定例の理事会がスイスで始まり、新型コロナウイルスによる東京オリンピックへの影響が懸念されるなか、IOCのバッハ会長は冒頭で「東京大会を成功に導く準備のための理事会だ」と述べ、オリンピックを予定通り開催する姿勢を強調した。また、バッハ会長は理事会の途中で自らメディアの前に姿を見せ、「東京大会の成功に向けてIOCが全面的に関与する」などとする異例の声明も発表している。

森田耕次解説委員)新型コロナウイルスの感染が拡大するなか、IOCはスイスのローザンヌで理事会を開き、7月24日開幕の東京オリンピックを予定通り開催する方針を確認しました。IOCのアダムス広報部長は他の都市で代替開催する可能性を否定し、「東京で開催されない理由はない」と自信を示したということです。アダムス広報部長は「WHO(世界保健機関)による渡航禁止の勧告はなく、パンデミック(世界的大流行)と認定もしていない」とし、判断の根拠を挙げて、当初は5月の末が最終期限ではないかとIOCの別の委員が発言したとされておりましたが、「開催是非の判断期限は設定していない」とも強調しました。バッハ会長も臨時記者会見で「オリンピックの成功に変わらぬ自信を持っている。選手は信頼して全力で準備を続けて欲しい」と呼びかけたということです。いまのところ予定通り開催のようですね。

山本)無事に開かれるいい大会になることを期待するのですが、やはり不安は去らないですね。IOCが全面的に支援というのは、恐らく政治的な調整も含めた結果がこのステートメントになっているのだと思うし、いまのところ公的に発信する内容としてはこういったものしかできないと思います。しかし、どうあがいても客観的な情勢の動き方によっては他の選択をしなければいけない可能性もあるわけで、そこは気になり続けますね。

森田)橋本聖子オリンピック担当大臣が3日の参議院予算委員会で、開催都市の契約の解釈によっては、今年中であれば延期が可能だという認識も示していたのですが、延期というのはなさそうなのですよね。

山本)物理的に無理だと思います。選手の差配の問題もあるし、放映権の問題もあります。

日本スポーツ協会前より見る(2019年10月24日撮影)(新国立競技場-Wikipediaより)

採火式、日本の派遣団を縮小〜聖火リレーのイベントも自粛の可能性

森田)3月26日に始まる東京オリンピックの国内聖火リレーですが、大会組織委員会がつくった基本方針案がわかりました。地域ごとに感染者の発生状況などに応じて、聖火の到着を祝う式典、イベント会場の入場制限や、沿道の応援の自粛呼びかけなどの措置を取る場合があるということです。こうした制限をする場合には、各地のリレーの1週間前までに対応を公表する方針だということです。この聖火ランナーや聖火リレーのスタッフには検温を行い、体調が悪いランナーには参加を控えてもらうということで、4日のIOCの理事会にテレビ会議の形式で大会組織委員会が参加して基本方針を報告するということです。12日にはギリシャのオリンピアで聖火の採火式が行われるのですが、そこに参加する日本からの派遣団を縮小する方針ということです。聖火リレーは3月中に始まるということで、対応をしていかなければいけません。

山本)やむを得ないですよね。

ニッポン放送 NEWS ONLINE

国際大会出場や海外合宿叶わず〜代表選手の調整難航

森田)国内外の大会の延期や中止が相次いでいますので、日本政府の強化計画にも誤算が出ています。国際大会出場や、海外合宿を予定する各競技の団体からは不安の声も高まっているようです。

山本)当然ですよね。入国した段階で検疫に引っかかると、計画が狂ってしまいます。

森田)オリンピックを目指すサッカーの23歳以下日本代表の場合には、強化試合を行う予定だった南アフリカが来日取り止めの意向を示しています。「日本に来たくない」というチームも出ています。

山本)これからそういったケースも増えてくるのではないでしょうか。

森田)WHOのテドロス事務局長はジュネーブで記者会見しまして、東京オリンピックについては「決断を下すにはまだ早い」と述べております。ウイルス封じ込めに向けた日本政府の取り組みを見守るということで、WHOの意見はオリンピック開催の是非についても大きく影響しそうなのでしょうか。

山本)影響はあると思うのですが、WHOはWHOで疫学的な観点に基づいて、きっちりとした正しい判断を下してもらいたいですよね。この事務局長は中国に忖度するような人ですから、仕事をちゃんとやってもらいたいです。

関連記事(外部サイト)