辛坊治郎、進まない防災・減災対策は「政治家の責任!」

7月7日、辛坊治郎が、自身がパーソナリティを務めるニッポン放送「辛坊治郎 ズーム そこまで言うか!」に生出演。政治・経済・文化・社会・芸能まで、一日の出来事の中から独自の視点でニュースをズーム、本質を解説する番組再スタートの2日目を展開した。

ニッポン放送「辛坊治郎 ズーム そこまで言うか!」毎週月〜木曜 15時30分〜17時30分 生放送

同番組は、2012年4月7日から2017年9月30日までニッポン放送で毎週土曜日に放送されていた人気番組で、7月6日から枠を拡大して夕方のレギュラー番組として再スタート。

この「辛坊治郎 ズーム そこまで言うか!」の2回目となる7日の放送では、国土交通省が発表した防災・減災対策について『人と防災未来センター』 河田惠昭センター長と電話で議論をした。

河田センター長はまず、「私たちの手でコントロールできるような雨じゃない。災害が起こると思って行動をしてほしい」と注意喚起をした上で、「これからどんどん雨が降る時代になっていく。今までのように堤防で守られないとすると高い堤防のほうが危ない。昔は川のそばは畑や田んぼだったから水があふれても良かったが、近年は人家や工業地帯が川沿いにあるので水を出さないという対策をとってきたため被害が大きくなっている」と話した。

辛坊は、「だったら命を守るためにハザードマップで大水が出ると予想されるところにある高齢者施設といったものの場所を移すとか状況を変えることをすればいいのでは?」と提案したところ、「行政は、防災と医療と福祉とが縦割りでバラバラ。本当は防災がやらなければならないが、予算が足りないので行動できない。今は医療・福祉・防災は範囲が重なっている。それぞれの立場でいくらやってもうなくいかない」と河田センター長。

最後に辛坊が「そこを誰かが統合しないといけない。それはもう政治の責任。腹をくくって政治家にちゃんとやってもらうか、河田さんみたいな人が政治家になるか」と話を締めた。

【番組概要】
■番組タイトル:「ニッポン放送 辛坊治郎 ズーム そこまで言うか!」
■放送日時:毎週月〜木曜 15時30分〜17時30分 生放送
■Twitter:@zoom1242
■メールアドレス:zoom@1242.com
■番組HP:https://www.1242.com/zoom/
■ハッシュタグ:#辛坊治郎ズーム

関連記事(外部サイト)