東京都感染者新たに206人……「数ではなくて質で物事を判断しなければならない」辛坊治郎が論ずる

7月12日、東京都内で新たに206人が新型コロナウイルスに感染していることが確認された。11日は206人、10日は243人、9日は224人と4日連続で200人を越えているが、かねてより、ホストクラブなど「夜の繁華街」関連の感染が目立っているという。

キャスターの辛坊治郎がパーソナリティを務めるニッポン放送「辛坊治郎 ズーム そこまで言うか!」では、東京・新宿区での新型コロナウイルス感染者を対象した1人当たり10万円の見舞金支給と「夜の繁華街」でのPCR検査の相関について他のメディアに先んじていち早く取り上げ、辛坊が独自の視点で論じている。

なぜ新宿区にばかり感染者が増えているのか

同番組では、7月6日の午前中に番組スタッフが新宿区へ電話をして“10万円支給”が「議会を通った」と確認。そして同日の放送で早速この件を取り上げると、様々な反響が寄せられ、これを受けてさらに辛坊は言及した。

増山さやかアナウンサー)Twitterで呟かれています「新宿区の10万円のお話、初耳だった」。

辛坊)初耳でしたか。おかしいですよね、そういう話はしっかり伝えないと。なぜ新宿区にばかり感染者が増えているのかというのが、かなり大きな原因になっていると考えられますよね。情報としては、当然そういう話は伝えるべきなのに、なぜか関東のメディアはやらないのですよね。これは本当に謎なのですが。

新宿区が「感染しただけで10万円あげます」という制度を作ったら、若い人のなかで「大した病気でもない」と思っている人は、積極的に「感染してやろうか」と。感染すると2週間入院だったのですが、さすがに全員感染者を入院させると、医療がパンクするということで、いまは結構ホテルに送るらしいですね。しかし、隔離しないといけないのですよ、伝染病予防法で隔離対象になりますから。ホテルに全部公費で丸抱えで2週間、いまはミニマム10日か。発症から10日なのですよ、基準がね。ホテルにいられて、全額無料、医療費も無料。その後の従業員の仕事の手当もしてくれるみたいなことになったら、積極的に罹ろうかという不届き者もいないとは限りません。

いま感染している人がそうだとは一言も言いませよ。しかし、新宿でそういう制度が始まっているということは、情報としてやはり伝えるべきだろうと思います。

増山)この方も、「明らかにおかしい。“コロナチャレンジ”するな。本当に医療を必要としている人が医療を受けられなくなったら、この方々はどうしてくれるのだ」。

数ではなくて質で物事を判断しなければならない

辛坊)おっしゃる通りです。感染者の推移では、日本で起きていることは、残念ながらわからないのですよ。いまは、誰でもPCR検査をかなり簡単に受けられるようになって、ホストクラブが、「うちのクラブごと全員受けさせてください」がOKな時代になっていますから、一時期みたいに、感染して潜伏期間があって、発症して4日間発熱して、やっと調べてもらえますという時期の感染者の数と、いまの感染者の数は同じです。100人は100人でも質が全く違う。いま起きていることが、数ではなくて、量ではなくて、質で物事を判断しなければならないのだけれども、安物のメディアは「きょうは何人です」と言うだけで、数だけで質については何も伝えないという。いまの新宿の話なんかも一切言わない。おかしくないか、ということをこの番組では詳しくお伝えしていきます。

関連記事(外部サイト)