東京都で過去最多367人感染……前日に“予言”していた辛坊治郎「30日は最悪までいく」

7月30日、東京都内で新たに367人が新型コロナウイルスに感染していることが確認され、1日あたりの人数としては、7月23日の366人を上回り最多のものとなった。

そうしたなか、キャスターの辛坊治郎はこの前日の29日、自身がパーソナリティを務めるニッポン放送「辛坊治郎 ズーム そこまで言うか!」に出演し、30日にこの数値が過去最高となる可能性が高いことをズバリ“予言”していた。

29日の同番組で辛坊が述べていた東京都の新型コロナウイルスの感染者数についての分析は、以下の通り。

辛坊)いまから嫌な予言をしておきますよ。30日(東京都の感染者数が)相当悪化します。

増山さやかアナウンサー)木曜日ですか。

辛坊)はい。29日は250人ですね。最悪のときで300人を超えていたときがたしかありました(7月23日の366人)。30日はそれを上回るか上回らないかくらいまでいく可能性が十分あります。

なぜかというと、東京都の発表はだいたい3日後くらいなんです。だから、まだ29日の発表は連休中のPCR検査に行った人の数が出ているのですが、4日間医療機関が休みのところが多く、4日間我慢をして月曜日に検査に行った人のデータが3日遅れで30日に出る可能性が高いです。そうなると、4日分のデータになりますから、過去最高の数字を更新しているのは、だいたい週明けから3日くらいが多いです。それでいうと、30日やばいのではないかと思います。最大は7月23日の366人で、それに比べると29日の250人というのは少なめですので、30日が心配ですというのは、残念ながら言わざるを得ません。

関連記事(外部サイト)