「“見かけ上”の感染者数が増えて重症者を病院に収容できない」〜辛坊治郎が東京都のコロナ対策を一刀両断

7月30日、辛坊治郎が、自身がパーソナリティを務めるニッポン放送「辛坊治郎 ズーム そこまで言うか!」に生出演。政治・経済・文化・社会・芸能まで、一日の出来事の中から独自の視点でニュースをズーム、本質を解説する番組再スタートの16日目を展開し、辛坊がコロナウイルス対策に対する、特に東京都の施策に対して、熱く物言いをつけた。

新型コロナ新規感染者238人 感染拡大警報の状況 予防・対策を呼び掛け 記者会見する、東京都の小池百合子知事=2020年7月22日午後、東京都新宿区の都庁 写真提供:産経新聞社

同番組では連日、コロナウイルスに関して専門家にインタビューを行っているが、今回は辛坊自らが東京都のコロナウイルス対策、特に感染者対策に関しての見解を熱く語った。

「この病気(新型コロナウイルス感染症)は、ごく一部が重症化して、さらに高齢者だったり持病があったりすると亡くなることもある。本来亡くならなくていい命を救うためには重症化している人を適切な医療ラインにのせることが必要。東京では先週末から、軽症者や無症状者で病院がいっぱいになっていて、重症者をすぐに病院に収容できないということが起きうる寸前。その状況を作り出しているのは、見かけ上の感染者数を増やして、なおかつ症状の出ていない人を病院に収容するようなアホなことを続けているから、そうなっているんじゃないのか? そこをきちんと見ないといけない!」と東京の感染者対策を一刀両断。

続けて、一定の評価をしている大阪方式について次のように紹介。

「大阪は、十三市民病院を丸ごとコロナウイルス専門病院にした(※5月1日付けで大阪府から新型コロナウイルス重点医療機関に設定され、新型コロナウイルス感染症専門病院)。これにより、大阪では発熱して、PCR検査の結果陽性の場合、他の持病があって、色々な手当・処置が必要だったとしても、十三市民病院が総合病院だから対応できるので受け入れ先がないということはない。軽症で若年層だったり、無症状の方はそれ以外のラインにのせているので、今の(感染者増加)ペースであれば医療崩壊は防げるはず」

これを受け、ニッポン放送飯田浩司アナウンサーは、「今の東京は、各病院にちょっとづつ病床を作っているので、他の病気の方々、手術を待っている方々が、どんどん後ろ倒しにされている現状もある」と指摘しつつ、東京都医師会から「コロナウイルス専門病院を設置した方が他の病院が他の病気に集中できる」大阪方式を支持していると聞いたことを明かした。

最後に辛坊は「この病気がどのくらい恐ろしい病気で、どういう人たちをどうやって守らなければならないのか、そのコンセンサスがとれていない。冷静な議論が必要」とまとめた。

【番組概要】
■番組タイトル:「ニッポン放送 辛坊治郎 ズーム そこまで言うか!」
■放送日時:毎週月〜木曜 15時30分〜17時30分 生放送
■Twitter:@zoom1242
■メールアドレス:zoom@1242.com
■番組HP:https://www.1242.com/zoom/
■ハッシュタグ:#辛坊治郎ズーム

関連記事(外部サイト)