「ちょっと騒ぎすぎじゃないか?」うがい薬のコロナへの“効果”を辛坊治郎が解説

8月4日、辛坊治郎が、自身がパーソナリティを務めるニッポン放送「辛坊治郎 ズーム そこまで言うか!」に生出演。政治・経済・文化・社会・芸能まで、一日の出来事の中から独自の視点でニュースをズーム、本質を解説する同番組の今回は、大阪府吉村知事・大阪市の松井市長が発表した、ポビドンヨードがコロナウイルスによる重症化を抑制する効果の可能性あり、という情報に対して辛坊が分析し、冷静な対応を呼びかけた。

ニッポン放送 NEWS ONLINE

この日は、大阪府の吉村洋文知事と大阪市の松井一郎市長が会見を開き、うがい薬の成分「ポビドンヨード」で新型コロナウイルス感染症の重症化を防げる効果を確認したと発表したことに対してのニュースを番組冒頭から取り上げた。

辛坊は、ヨードの殺菌作用は強力でウイルス不活性化の効果もあることを説明。そのうえで、

「うがい薬が到達する範囲の中であれば効果があるだろうが、鼻から入って鼻の奥だったり、肺の中で増殖しているウイルスに対しては、そんなところにうがい薬が行き渡ることはできない」

と解説。

新型コロナウイルス関連 吉村洋文知事、松井一郎大阪市長合同会見。うがい薬の活用について話す吉村知事=2020年8月4日、大阪市中央区の大阪府公館 写真提供:産経新聞社

吉村知事が発表した「軽症者が使用することで重症化を抑制する効果があるとの研究」については、

「本当にそのような論文があって、医学関係者がその論文を読んで『たしかにそうだね』という内容であれば、これは画期的な話なんだけれども、もし口の中のウイルスを除去するというだけのものなら、さして効果がないのでは? なぜなら、口だけでなく、鼻からだったり、肺に直接的に入り込んだり、うがい薬でなんとかなる範囲ではない」

と繰り返した。

大阪のコロナウイルス対策は大阪府に一元化されている中で、今回は大阪市の松井市長も同席したということで、この会見は松井市長が主導した会見ではないかと推測し、これまでの発言から「松井市長がコロナウイルスの感染方法に対して、若干誤解がある気がする。この件も、口の中のウイルスを除去すればウイルスが体内に入るリスクが下がると考えているのでは」と疑問を呈した。

最後にテレビ各局のワイドショーに対しては、「ちょっと騒ぎすぎじゃないか」と冷静な対応を求めた。

【番組概要】
■番組タイトル:「ニッポン放送 辛坊治郎 ズーム そこまで言うか!」
■放送日時:毎週月〜木曜 15時30分〜17時30分 生放送
■Twitter:@zoom1242
■メールアドレス:zoom@1242.com
■番組HP:https://www.1242.com/zoom/
■ハッシュタグ:#辛坊治郎ズーム

関連記事(外部サイト)