「逆にコロナ感染を広げてしまう」PCR検査の拡充に辛坊治郎が異論

キャスターの辛坊治郎は8月3日、自身がパーソナリティを務めるニッポン放送「辛坊治郎 ズーム そこまで言うか!」に出演し、新型コロナウイルス感染症におけるPCR検査の向こう見ずな拡充に異議を唱えた。

アメリカ ニューヨーク州での検査。アメリカ陸軍、アメリカ空軍が協力している(2020年3月14日撮影)(COVID-19の検査-Wikipediaより)

NYの感染収束とPCR検査の因果関係は証明されていない

辛坊)最近私が怖いなと思うのは、東京の世田谷区長が(「誰でも いつでも 何度でも」検査できる「世田谷モデル」としてPCR検査を拡充する背景として)、「ニューヨークではいつでもどこでも朝から晩までPCR検査が受けられます」と。ニューヨーク市で2万3千人亡くなって、ニューヨーク州で3万2千人亡くなっているんですよね。つまり、果たしてそのPCR検査で死者・感染者を止められているのかという状況で、ニューヨーク州の感染者42万人、ニューヨーク市の感染者はPCR検査で明らかになっているだけでも23万人。これはニューヨークが行った大規模な検査の結果を見ると、氷山の一角で、恐らく実際の感染者は1桁多いだろう、と。そこまで多ければ、もう基本的にある意味の集団感染。

実際にニューヨーク州・ニューヨーク市では、「かかるべき人は大半かかってしまっている」のだと思います。だから、ニューヨーク州・ニューヨーク市では感染が収まってきている、といわれるのは恐らくそういう背景なのだろうと思います。一方「いつでもどこでも好きなだけPCR検査が受けられます」ということと、「感染が減っている」ということの因果関係は誰も証明できていない話です。

各地に対策チーム派遣  新型肺炎の発生源≠ニみられ、閉鎖されている中国湖北省武漢市の海鮮市場=2020年1月17日(共同) 写真提供:共同通信社

PCR検査では陽性を3割見逃す

辛坊)むしろ何が恐ろしいかというと、「いつでもどこでもPCR検査行ってください」というと、当然PCR検査場で人が集まりますよね。とにかく人が集まれば感染機会が増えるわけです。中国が行ったみたいに、武漢市民全員検査して陽性になった人を全員隔離します、というこのやり方まですれば若干役に立たないとまでは言わないのだけれども、そんな感染機会をわざわざ増やすようなことをしても、残念なことにPCR検査というのは「偽性」というのが3割と言われています。「偽性」というのは出にくいと言われていて、まったくウイルスがないのに反応が出てしまうということはないのですが、実はウイルスを持っていても、PCR検査で検知できないといわれているのが3割と言われているのですね。例えば100人その地域に感染した人がいるとしますね、100人全員にPCR検査をしたとしても、3割の人は陰性と出てしまうのですよ。そうするとその3割の人が、自分はPCR検査の陰性だと思って振る舞ったら何が起きるのか、と考えたときに、PCR検査を受けて「あなたは陰性です」ということが、感染抑止にどの程度効果があるのか。

PCR検査で感染者が100%分かるというなら百歩譲って、まったく効果がないとは言わないけれども、3割陽性の人を見逃して陰性と判定してしまう検査を繰り返したら、逆に感染を広げてしまうだろうこれは、という恐ろしさが分かっていないのですね。

関連記事(外部サイト)