菅新内閣の本気度が見える2つのポジション〜上川法務大臣と小此木国家公安委員長

ニッポン放送「飯田浩司のOK! Cozy up!」(9月17日放送)にジャーナリストの鈴木哲夫が出演。菅新内閣の各閣僚の顔ぶれについて解説した。

【政治 菅内閣発足 首相指名選挙】第99代首相に選出され議場に一礼する自民党・菅義偉総裁=2020年9月16日午後、国会 写真提供:産経新聞社

菅義偉自民党総裁、第99代内閣総理大臣に就任

9月16日の臨時国会、衆参両院の本会議で総理大臣の指名選挙が行われ、自民党の菅義偉総裁が第99代内閣総理大臣に指名された。その後、皇居での総理大臣親任式と閣僚認証式を経て、夜には菅内閣が発足している。

飯田)顔ぶれ等々、いろいろと出ておりますが、鈴木さんは気になったことはありますか?

【安倍改造内閣2017】改造内閣が発足し、記念撮影に臨む安倍晋三首相と新閣僚ら=2017年8月3日午後、首相官邸 写真提供:産経新聞社

2017年の安倍内閣と同じ2つのポジション〜上川法務大臣と小此木国家公安委員長

鈴木)メインになっているところは留任組、それから新しい人では官房長官に加藤勝信さんで、これは信頼関係があります。河野太郎さんには、菅さんの一丁目一番地である行政改革、縦割り打破の先頭に立ってもらうということです。私が「ゾッ」としたのは、法務大臣の上川陽子さんと、国家公安委員長の小此木八郎さんの2人です。メディアを見ていると、「女性では」というくくりで上川さんを取り上げるところが多かったのです。

飯田)女性では上川さんと、オリンピック担当大臣の橋本聖子さんの2人だと。

鈴木)上川法務大臣と国家公安委員長の小此木さんですが、2017年の安倍内閣でも、このポジションは同じ2人でした。そのとき、当時の官房長官だった菅さんに取材していますが、実はこの2人は菅さんにとても近い人なのです。

飯田)そうなのですか。上川さんは岸田派だけれども、菅さんに近い。

菅内閣が発足  記者会見する菅義偉首相=2020年9月16日午後9時2分、首相官邸

政権を安定させ、維持するためには「法務と警察」をグリップすることが大事

鈴木)菅さんがそのとき、「法務と警察、この2つをしっかりとグリップすることが政権を安定させ、維持するために大事なのだ」と言ったのです。警察は検察などにいろいろと介入することはできませんが、その情報をしっかり押さえておくということです。かつて飯島勲さんも近いことを言っていましたが、権力を維持するためには、法務と警察が大事なのです。権力を維持して行く、もしくは危機管理というのは、そういうことだと思います。その2人がまた入っているでしょう。この辺が、しっかりと権力を維持するための玄人的な人事というか、やるなと思いました。

飯田)派閥均衡だとか、重要なポストを譲り渡したということも言われていますが、そうではなく、きちんと肝を押さえているのですね。

鈴木)派閥を見て、渡していいところもあるのです。押さえなければいけないのは、自分の女房役である官房長官、政権の看板である行革です。そして、危機管理や権力維持のために押さえるべきところを押さえる。

飯田)ここを押さえて来ているということは、ワンポイントリリーフのつもりはなく、「俺は長くやるぞ」ということですね。

鈴木)それは当然でしょう。続くかどうかは別ですが。

関連記事(外部サイト)