“GoToトラベル”は「使わなきゃ損です。税金で徴収されますから」辛坊治郎がその構図を解説

キャスターの辛坊治郎は10月1日、自身がパーソナリティを務めるニッポン放送「辛坊治郎 ズーム そこまで言うか!」に生出演し、政府の観光支援事業「GoToトラベル」の対象に東京発着旅行が追加されたことについて、持論を交え解説した。

10月1日(木)からGo To トラベルキャンペーンで旅行代金の最大15%相当額が商品券として付与される「地域共通クーポン」

GoToトラベル〜予算が尽きたら終わり

新型コロナウイルスの影響で落ち込んだ観光業界の消費を喚起する「GoToトラベル」キャンペーンに、10月1日から東京が追加された。また同じくコロナの影響を受けた飲食店を支援する、「GoToイート」のうち、予約サイトを通じて食事した場合のポイント還元も10月1日からスタートしている。それぞれの需要の喚起に効果が期待される一方で、感染防止策の徹底が改めて問われることになりそうだ。

辛坊) 東京の皆さんはあまり認識がないと思いますけれども、実は7月下旬から8月の夏休みにかけて、GoToトラベルで東京以外の皆さんがどれだけ移動したか。

1兆1,248億3,327万5千円が支援額なので、お金が尽きるとなくなるということで、東京が10月1日から対象に入ると言った瞬間に、大阪の私の心の狭い友人たちは、「そんなの反対だ、東京絶対にダメだ」と。「何で?」って言ったら、「東京の人がこんなもの使ったら、あっという間に予算が尽きて、俺が使えなくなるじゃないか」って。そういう心の狭いことを言うなと(笑)。だけど、全国の受け止め方って、そんな感じですよ。東京の人たちが使い始めたら、一瞬で1兆円くらいとんでいっちゃうんじゃないのかというくらいの話で。

飯田)予算が尽きたら終わりですからね。

Corona vaccine is being tested. Themed picture, symbolic photo: Corona vaccine. SVEN SIMON/DPA/共同通信イメージズ 写真提供:共同通信社

新型コロナワクチンも決して「無料」ではない

辛坊) これも新型コロナウイルスのワクチンの話と一緒ですよね。朝からニュース見てたら「無料」「無料」って。「無料」じゃないっていうのに。誰かが金払うんだから。それは誰かっていうと税金負担ですから。結局まわりまわってみんなで払うわけだから。それを「無料」っていうから、みんな「無料」だと思ってしまうと。

税金はなぜ必要かとか、租税教育というのが日本ではまったく行われていないので、世の中の仕組み自体がよく分かっていないという方も、頭では論理的には分かっているんだけれど、実感として分かんない、という方相当多いわけですよ。「あ、新型コロナワクチン、全員無料なんだ」って。「無料」じゃないってば。いくらかかると思っているんだ、と。1人1,000円だって1億2000万人だったら、1250億円ですから、これ3,000円だったら、掛ける3ですから、4,000億くらいかかるわけですよ。だからそれを「無料」「無料」というなよ、と。それ「公費で負担します」と。「税金です」と。当面税金で徴収するのは、半分ですけど、あとの半分は借金で払いますから、この借金いつまでとばしますかと。現実は一応今年した借金は今年から60年以内に償還することになっていますから。その間の現役世代が税金で取り立てられる可能性が極めて高いわけで、「GoToトラベル」も同じですよ。

Go To トラベル 東京発着旅行の旅行商品予約解禁 旅行代理店では割引商品の販売開始=2020年9月18日午後、東京都台東区の日本旅行リテイリングパルコヤ上野支店 写真提供:産経新聞社

税金で徴収されるのだから使わなきゃ損

辛坊)1兆円国民に“ばらまき作戦”ですから。これ、使った人は回収できますけど、使ってない人は一方的に取られるだけですからね、税金で。私は正直、新型コロナに関しての“ばらまき”というのは後先考えずに無茶し過ぎだなという感じはしているんですけれども、1日から東京がキャンペーンの対象になってますから、時間に余裕があって、少なくとも半分は補填してくれるといったって、残り半分は自分で払わなくてはいけませんから、半分払うお金があって、なおかつ時間的余裕のある人は……あまり世のなか損得を言いたくないとは言いながら、本当のことを言うと……使わなきゃ損です。どうせその分税金で将来取られるわけですから。だからそう思っている全国の人たちはみんな使っています。

飯田)せめて自分の払った分くらいは取り返したいですよね。

辛坊)それでいうと、ご高齢の方で、厚生年金、共済年金で暮らしてらっしゃる方って、全世界的に見てもとても豊かなんですよ。時間もありますから。そういうみなさんに、このGoToトラベルが集中するかと思ったら、今回そうなっていないんです。ご高齢の方は、新型コロナで死んでしまうのは嫌だから。それは誰でもそうですよね。

飯田) リスクが高いとされていますからね。

辛坊)若年層がこのキャンペーンで、ものすごく旅行に行っています。だから8月ころにいろんな旅館に行ってみると、子ども連れの四人ぐらいのファミリーが車に乗って来ているとか、そういうみなさんすごく多いんですよ。ある意味、将来的にこの金(GoToキャンペーンの費用分の税金など)払うのはいまの現役世代ですから。だからそれはその旅行に行った子どもたちであったりするわけで、金のまわり方でいうと、ご高齢の方だけが行くようなキャンペーンよりは、いまのところ若年層が行ってるので、社会制度の在り方としてはそんなに悪くないかなとは思いますから。

とにかく、余裕のある人は、行かなきゃ損です。行っても行かなくても半額分は回り回って税金で徴収されますから。そういう構図ですから。増山さん、そうなると焦るでしょう。

増山さやかアナウンサー)焦りますね。行かなきゃって思えてくる。

関連記事(外部サイト)