なぜトランプ大統領はマスクを嫌うのか~マスクを外して回復をアピール〜

ニッポン放送「飯田浩司のOK! Cozy up!」(10月7日放送)にジャーナリストの佐々木俊尚が出演。トランプ大統領が退院し、選挙戦をアピールしたというニュースについて解説した。

ドナルド・トランプ米大統領=2020年10月5日 写真提供:時事通信

アメリカのトランプ大統領が退院、選挙戦復帰をアピール

新型コロナウイルスに感染して治療を受けていたアメリカのトランプ大統領が10月5日、首都ワシントン近郊の病院から退院した。ホワイトハウスに戻ったトランプ大統領は、バルコニーでマスクを外して回復をアピール。今後は治療を続けながら執務を行う予定で、近く選挙戦に復帰するとツイッターに投稿した。

新行市佳アナウンサー)ツイッター上では、ヘリコプターに乗ってホワイトハウスに降り立った、まるで映画のような映像が上がっていました。

ニッポン放送「飯田浩司のOK! Cozy up!」

なぜ欧米人はマスクを嫌うか〜日本人は目で感情を読み、欧米人は口で感情を読む

佐々木)欧米では、これまでマスクをする習慣がありませんでした。マスク反対派も多く、「マスクは基本的人権の侵害だ」とか、「神様に与えられた呼吸を奪うのか」などと激しく言っている人がいます。日本人からすると、マスクは昔からの習慣なので理解できません。以前に読んだある記事で、日本のヒーローは目を隠さないで口を隠しますが、アメリカのヒーローは目を隠して口が出ているのが多い、というものがありました。バットマンなどはそうですよね。これは相手の感情を読むときに、口の動きで見るのか、目の動きで見るのかの違いです。日本人は相手の目を見て感情を読むけれど、アメリカ人は相手の口元を見て感情を読む。口元を隠されると、相手の感情が隠されてしまうということです。目の方が感情を読みづらいのでしょうか。

新行)日本人は「目が笑ってない」とか言いますよね。

佐々木)微妙ですね。

新行)難しいですよね。どうやったら目が笑っているのでしょうかね。

佐々木)それだけ日本人は、微妙な感情の機微を探りたいということなのかも知れません。アメリカ人の口の方が、「わかりやすい感情」というところだと思います。日本映画の難しさとアメリカ映画のわかりやすさという対比などを考えると、「そうなのかな」とも思います。

第1回テレビ討論会 米大統領候補者討論会=2020年9月29日 写真提供:時事通信

大統領選にプラスとなる「トランプ氏のコロナからの復帰」

新行)選挙戦にはどのような影響が出ると思いますか?

佐々木)コロナから復帰して戦うということは、少なくとも、プラスになったと思います。民主党系の人のなかには、「あれは仮病だったのではないか」と言う人もいます。

新行)いわゆるスイング・ステートと言われる州にも影響が出ますか?

佐々木)前回のトランプ大統領初当選の選挙でもそうだったのですが、世論調査で調べても隠れトランプが多いので、わからないところがあります。特に民主党支持者の多いところでは、「トランプ支持」と言いにくいのです。だから蓋を開けるまでわかりません。いまのところバイデンさんの方が優勢ですが、それが本当の数字かどうかわかりません。前回の選挙でもヒラリーさんが優勢のまま、最後まで突き進んで、本人も当選する気でいたのです。

関連記事(外部サイト)