韓国文政権が北朝鮮製ジャンパーの国内販売を“支援”との報道……「韓国はこのあたり問題が多い」辛坊治郎が言及

キャスターの辛坊治郎が10月12日、自身がパーソナリティを務めるニッポン放送「辛坊治郎 ズーム そこまで言うか!」に生出演。北朝鮮製のジャンパーが韓国で販売され、文在寅政権がこれを支援していたとする報道についてコメントした。

【南北首脳会談】共同宣言に署名し、韓国の文在寅大統領(右)と抱擁する北朝鮮の金正恩朝鮮労働党委員長=2018年04月27日午後、板門店の韓国側施設「平和の家」 写真提供:産経新聞社

辛坊)一般紙ではまったく書いていない話が夕刊フジ(10月12日発行号の)3面に出ていまして、韓国ではかなり大きく報道されているニュースがあります。

韓国、北朝鮮製ジャンパーを“政府支援”か 明確な国連制裁違反との指摘も

〜『夕刊フジ』2020年10月12日記事 より

辛坊)北朝鮮がつくったジャンパーを韓国政府が支援してテレビの通販で売っていたということです。これは明確な国連制裁違反ではないかと。北朝鮮で生産されて、韓国のテレビ通販で販売されたジャンパーについて文在寅政権による支援が行われていたと韓国のメディア(※編集部注:朝鮮日報 日本語電子版)が報じています。

文政権が2017年に新設した中小ベンチャー企業部(省に相当)傘下の中小企業流通センターが、韓国の中小企業に17〜19年にかけて17億8000万ウォン(約1億6200万円)の支援を行った。この企業から中国の下請け工場と孫請け工場を経由して、さらに北朝鮮の平壌(ピョンヤン)にある縫製工場にパイロットジャンパー製造の発注が行われていたという。

平壌で生産されたジャンパーのうち、少なくとも2万7000着が中国産を装って韓国に密輸され、18年9〜12月にテレビ通販を通じて17億ウォン(約1億5300万円)を売り上げ、同センターも手数料という名目で1400万ウォン(約126万円)の利益を得たと伝えている。

〜『夕刊フジ』2020年10月12日記事 より

辛坊)これは明らかな国連安保理決議違反ということで、韓国はこのあたり問題が多いな、というのがこの記事を読むと詳細にわかります。

関連記事(外部サイト)