いまこそ知っておくべき! 大阪の「区」と東京の「区」の違い……辛坊治郎が1分で解説

キャスターの辛坊治郎氏が10月13日(火)、自身がパーソナリティを務めるニッポン放送「辛坊治郎 ズーム そこまで言うか!」に出演。“大阪都構想”で注目される大阪の「区」と、東京の「区」の違いを解説した。

2020大阪都構想住民投票 告示 啓発車両による啓発事業「行こう!投“ヒョウ”号」出発式=2020年10月12日午前、大阪市北区 写真提供:産経新聞社

辛坊)東京に住んでいらっしゃると、「区」はすべて特別区だろうと思っていらっしゃるかもしれませんが……東京の「区」は23区それぞれに区長がいますよね、そして、議会がありますよね。独立した自治体なのですよ。要するに市町村と似た組織ですよね。ところが、東京以外の「区」、札幌市、名古屋市、福岡市、大阪市……みんなそうなのですが、一応「区」という名前のついたものはありますが(東京とは違うのです)。ちなみに東京の23区は誰でも知っていますよね。

増山さやかアナウンサー)ええ。

辛坊)「大阪に何区あるか知っていますか」と聞いたときに、大阪市民に聞いてもまず知らないですね。

増山)そうなのですか。

辛坊)はい。東京の人に東京は何区あるか聞いて、23区と答えられない人はいないではないですか。すべて(の区の名前を)言えと言われたら言えないと思いますけれども、大阪に何区ありますかと聞いて答えられる東京の人は0だと思いますよ。大阪でもまずいませんね。大阪の「区」の数は、実は24あるのです。

増山)すごくたくさんありますね。

辛坊)東京23区、大阪24区。これは多分東京に負けたくないという思いだったのではないかと(笑)

増山)1個増やしておくってすごいですよね。

辛坊)もともともう少し多かったのを減らして24区にしているはずなのですが、東京の23区に負けたくないという思いがあって、24という数字にしたのではないかと思うのですが(笑)。大阪にある24区は東京にある23区とまったく違うのです。それぞれに議会もありませんし、選挙で選ばれる区長もいません。基本的に「住所の名前」なのです。一応「区役所」がありますけれども、それは単に大阪市のなかの行政組織ですから、それはいわゆる東京のような独立した自治体の「区」ではないのです。だから、大阪の「区」は要するにぶっちゃけて言うと住所上の名前くらいの存在なのです。

これを東京のような、議会があって、選挙で選ばれるトップのいる、4つの「区」に改編しようという、大阪市をなくして4つの「区」に分割して大阪府の下にぶら下げる。つまり、東京都の下に23区があるように、大阪市を解体して4つの特別区にして他の市町村と同じように大阪府の下にこれをぶら下げようという改革なのです。

しかし、いまここで申し上げたようなことを、おそらくこれだけ話題になっていても、東京で完全に理解している人は少ないでしょう。ところがこの一瞬、私の1分の解説で皆さんクリアにお分かりいただけるようになったと。どうですか。

増山)お得ですよ。

辛坊)本当にお得ですよ。

増山)大サービスですから。

辛坊)お安くしておきます。

関連記事(外部サイト)