ANAが5100億円の赤字〜続ける必要のある雇用調整助成金

ニッポン放送「飯田浩司のOK! Cozy up!」(10月28日放送)に数量政策学者の高橋洋一が出演。ANAホールディングスの最終損益が5100億円の赤字見通しになるというニュースについて解説した。

出発ロビーのカウンターで業務するANA(全日本空輸)職員=2020年10月27日、羽田空港 写真提供:産経新聞社

ANAホールディングスが過去最大5100億円の赤字見通し

航空大手ANAホールディングスは27日、2021年3月までの1年間の業績予想を公表した。最終的な損益が過去最大の5100億円の赤字になる見込みと発表している。

片野坂社長)来年度はあらゆる手をうち、必ず黒字化を実現したいと思っています。そして新しいビジネスモデルへの変革によって、感染症の再来にも耐えられる強靭なANAグループに生まれ変わりたいと思っております。

 

飯田)10月27日に行われたANAホールディングス片野坂代表取締役社長の会見の模様です。厳しいですね。

高橋)本当に厳しいですね。ANAホールディングスというのは、全体のグループ企業の持ち株会社です。純資産は確か1兆円くらいしかありません。それで5000億円の赤字というと、もう1回来るとアウトという世界です。しかし債務超過にはならないので、この後、業績を回復して行けば、国有化などというところまでは行かないとは思います。固定経費などを落とすということで出向させるというのは、「こういうやり方があるのか」と思いました。それを受け入れてくれるトヨタも太っ腹ですよね。

連休最終日を迎え多くの人でにぎわう羽田空港の国内線出発ロビー=2020年7月26日午後、東京都大田区 写真提供:産経新聞社

ノジマなどにANA社員が出向の予定

飯田)トヨタに関しては昨日(27日)の会見では、向こうからも、こちらからも話は上がっていないそうです。ただ家電量販店のノジマさんからは上がっているということです。

高橋)まだ確定していないということですね。

飯田)トヨタは、いまのところは否定をしています。

高橋)出向ですと、首切りまで行かずにギリギリのところで耐え忍んで行くということです。ただ雇用者は大変ですよね。

新型コロナGW空撮 関空に駐機しているANAの機体=2020年5月2日、関西国際空港 写真提供:産経新聞社

雇用調整助成金は続ける必要がある

飯田)公的支援については、会見でもかなり聞かれていました。やはり、国有化というのが記者の頭のなかにもよぎるのですが、基本的には、他の企業も含めて用意されたメニューを使って行くということです。まずは雇用調整助成金を使うということです。

高橋)雇用調整助成金のようなものは、もう少し続けなければならないということでしょう。雇用調整助成金は労働者と経営者がこれまでに出した保険です。これを取り崩すのは、当たり前のことなのです。

飯田)ANAだけの話ではなく、日本航空も2000億円規模の赤字になるかも知れない。JR東海も1000億円規模の赤字になる可能性があるということが報道されています。旅客関係、運輸関係は特に影響を受けています。

高橋)旅行どころではなかったですから。仕方がないです。しかし、Go To キャンペーンをやっていて段々と盛り返して来ていますよね。

飯田)国内需要はかなり戻っているということです。

高橋)欧米では第2波が来ていますが、水際で止められず、日本に入って来てしまったら大変なことになってしまいます。水際できちんとして、内地で頑張るということです。そして、雇用調整助成金などは特別会計で労働者の拠出金ですので、その保険を使ってはいけないということはあり得ません。保険を十分に使い、耐えしのぐということではないでしょうか。

関連記事(外部サイト)