韓国柔道 視覚障害偽装しパラリンピック出場……辛坊治郎がこれを報じる新聞記事に言及

キャスターの辛坊治郎が12月9日、自身がパーソナリティを務めるニッポン放送「辛坊治郎 ズーム そこまで言うか!」に生出演。韓国でパラリンピックなどに健常者を偽装出場させていた事件について取り上げた新聞記事に言及した。

【リオパラリンピック2016】開会式が始まり様々なパフォーマンスが行われた=マラカナン競技場 撮影日:2016年09月07日 写真提供:産経新聞社

辛坊)今日の夕刊フジの1面……

「韓国 パラ五輪に健常者 偽装出場」

〜『夕刊フジ』2020年12月9日記事 より

—–

辛坊)これは知らなかったですね。韓国ではけっこう大きなニュースになっているらしいですけれども……

—–

韓国検察は今月初め、健常者を視覚に障害があると偽ってリオデジャネイロ・パラリンピックなどに出場させて政府の報奨金を不正に受け取ったとして、柔道代表の元監督や選手らを起訴した。

〜『夕刊フジ』2020年12月9日記事 より

—–

JTBCの18年の報道を見よう。

「D選手は、16年のリオデジャネイロ・パラリンピックの柔道種目でメダルを取りました。以後、毎月(メダリストへの報酬の一環である)年金を受け取っています。ところが、D選手は現在、健常者の選手として活動しています」

〜『夕刊フジ』2020年12月9日記事 より

—–

辛坊)それが韓国で大騒ぎになっているという話が。「ええー!?」っていう。「それはないだろ!」っていう……

関連記事(外部サイト)