安藤優子「『経済を回すか、命を取るか』はナンセンスな選択。両立させるのが政治」『GoTo』全国一律停止受けて持論

キャスター・ジャーナリストの安藤優子が12月15日、ニッポン放送「垣花正 あなたとハッピー!」に出演。観光支援事業『GoToトラベル』の全国一律停止について、持論を述べた。

12月14日、菅総理大臣が観光支援事業『GoToトラベル』を全国一律停止すると表明、12月28日から1月11日までの全国一律停止となる。

「『GoToトラベル』を止めるべき」「『GoToトラベル』を止めると観光業が苦しくなる」といった議論がこれまでなされているが、安藤はまず次のような考えを語った。

「私は『経済を回すか、命を取るか』って言うのはナンセンスな選択だと思う。択一できるものではないじゃないですか。両方を両立させるのが政治であるはずですよね。それがなぜ両極端の話になるんだろう。というのが前提としてあって」

そして、具体策としては以下のように意見を述べた。

「今回、クリスマスに年末年始で経済を回すためには、もう少し前倒しでGoToを止めておけばこういうことにならなかったと思うんです。“勝負の3週間”というならそこで全国一斉停止にしておけば、年末年始の一番人が動くところで経済が回せたのではないか、と私は思います。」

関連記事(外部サイト)