韓国の検事総長懲戒処分がこの時期に行われる「もう1つの理由」

ニッポン放送「飯田浩司のOK! Cozy up!」(12月17日放送)に数量政策学者で内閣官房参与の高橋洋一が出演。韓国の尹錫悦検事総長が懲戒処分を受けたニュースについて解説した。

演説する文大統領=2020年09月19日 YONHAP NEWS/ニューズコム/共同通信イメージズ 写真提供:共同通信社

韓国の尹錫悦検事総長が懲戒処分

韓国の文在寅大統領は12月16日、政権をめぐる疑惑の捜査を指揮して来た尹錫悦検事総長に対して、懲戒委員会が決めた停職2ヵ月の処分を執行した。これを受け、尹検事総長は不当な措置だとして法廷闘争を展開する構えだ。

飯田)前の法務大臣でタマネギ男と言われた曹国さん、彼の捜査を容赦なくやったので、その恨みを買ったのではないかということも言われています。

高橋)韓国はこの時期になると、いつも同じようなことが繰り返されますね。

飯田)大統領任期末期に。

高橋)不思議な国ですね。

飯田)検察改革と情報機関の改革、2つともある意味解体ということになるのでしょうか?

高橋)穿った見方をすると、文在寅さんが自分の辞めた後の安泰のために、検察を弱めている、とも見えるではないですか。でも、こういうことをすると、支持率が下がるでしょう。そうすると、ますます苦しくなります。尹錫悦さんは、次期大統領候補に挙がっているくらいなので、万万が一ですよ、この方が大統領になってしまったらどうなるのでしょうか。そうすると、本当にすごい世界ですよね。

飯田)なんだか王朝の交代のような。

ソウルの韓国大統領府で新年の辞を発表する文在寅大統領(韓国・ソウル)2020年01月07日 EPA=時事 写真提供:時事通信社

国内が揉めていると他の国も引いて来る

高橋)こんなんだと、日韓関係も交渉しようがないですよね。

飯田)こうやって内政がガタついて来ると、歴代の韓国大統領は、外に対して強く出て来ますよね。

高橋)強く出ても、どの国も相手にしないでしょ。この間も習近平さんの訪韓がなくなりましたよね。

飯田)年内訪韓を模索していたという話ですね。

高橋)こういうことになると、だんだん他の国も引いて来ます。

飯田)日本との関係では、例の輸出基準の見直しの話がありました。

高橋)あのままだし、日中韓のサミットも当分やらないですよね。

飯田)今年(2020年)は韓国が議長国で、ソウルでやるのではないかと言われていましたが。

高橋)日中韓のFTAの話もあったのですが、RCEP(地域的な包括的経済連携)協定ができてしまったから、意味が薄れてしまいました。日本との間の交渉もほとんど没交渉になるのではないでしょうか。

2020年11月15日、協定署名式〜出典:首相官邸ホームページ(https://www.kantei.go.jp/jp/99_suga/actions/202011/15rcep.html)

韓国のTPP加入検討はポーズか

飯田)それがあるからですかね、ここに来て、文在寅大統領がTPP加入検討を明言しています。

高橋)いままで韓国はいろいろな国とFTAをやって来たのですが、日本を全部避けていたのです。日本がいるところだと、同じ構造だから韓国が負けてしまうかも知れないので、すべて日本を避けて来たのです。でも中国がTPPに参加すると言い出したから、韓国もと言っただけではないでしょうか。あまり主体はないと思います。

飯田)でも、中国は韓国よりももっとTPPには入りづらいですよね。

高橋)普通のTPPのルールであれば、中国が参加することは絶対無理です。韓国にとってもハードルはかなり高いです。実は韓国も電力公社など、国有企業が多くて難しいのです。だからあれはポーズです。韓国だけ入れたら面白いですよね、中国について行って、中国がいないとなれば、韓国もTPPには入らないと思います。

関連記事(外部サイト)