「小池都知事は“喧嘩上手”」安藤優子が“戦術”を分析

キャスター・ジャーナリストの安藤優子が12月15日、ニッポン放送「垣花正 あなたとハッピー!」に出演。小池百合子東京都知事についての印象を語った。

(左)東京、飲食店に時短再要請  ボードを手に記者会見する東京都の小池百合子知事=22020年7月25日午後、都庁 写真提供:共同通信社 / (右)安藤優子

同番組の中で、番組パーソナリティの垣花から「小池都知事は会見がうまい印象があります。14日は菅首相の発表を受けて『東京はこういう風にやります』と言っていましたが、いかがですか?」と問われた安藤は、次のように語った。

「例えば、大阪とか名古屋とかは知事、市長の方から『GoTo止めて』と言うことを申し入れしましたよね。でも小池さんは終始一貫として『国の判断ですから』ってなってしまっている。そこは都民として寂しい。あれだけリーダーシップをもっている方なので、『東京都はこういう風にします』と国に先んじて言ってもいいんじゃないかと思いましたね」

やくみつる、熊谷実帆アナウンサー、垣花正、安藤優子

また、「小池さんはどういう人だと思いますか?」と垣花から問われると、「小泉元首相もそうだったんですが、“喧嘩上手”な人だと思います。」とコメント。「ちょっと仕掛けて、少し引っ込めて、向こうが出てきたら“エイヤ!”って突くみたいな。色んな意味で空気の流れを作るのが上手なんじゃないですかね」と分析した。

関連記事(外部サイト)