反発!ふるさと納税から離脱 小池都知事「違和感」

反発!ふるさと納税から離脱 小池都知事「違和感」

反発!ふるさと納税から離脱 小池都知事「違和感」の画像

 ふるさと納税の行き過ぎた返礼品を規制するために始まる新しい制度について、東京都は参加しない方針を決めました。全国の地方自治体で申請しなかったのは東京都だけで、小池知事は、現行の制度に「違和感がある」と批判しました。

 ふるさと納税は、任意の自治体に寄付すると所得税と住民税の一部が控除される制度です。ただ、近年は寄付集めの高額な返礼品が問題となり、総務省は6月から「返礼品を寄付額の3割以下」に抑える新しい制度を始めます。

 新制度では自治体が総務省に申請する必要がありますが、東京都は全国の地方自治体で唯一、申請を見送りました。小池知事はこの理由について「受益と負担という地方税の原則からみて好ましいものではない」とした上で、現行の制度は「返礼品競争に終始していて違和感がある」と話しました。

 東京都によりますと、ふるさと納税で都の税収から他の自治体に流出した金額は250億円に上ると見込まれている一方、都への寄付件数は年間で数件程度で、新制度への不参加の影響は小さいとしています。