パンダのシャンシャン 2020年末まで“帰国”延長

パンダのシャンシャン 2020年末まで“帰国”延長

パンダのシャンシャン 2020年末まで“帰国”延長の画像

 東京・上野動物園のジャイアントパンダ・シャンシャンを中国に返還する時期について、東京都の小池知事は2020年12月末まで延長できたことを明らかにしました。

 上野の人気者の“帰国”時期が延長されました。5月31日の会見で、小池知事は「引き続き、1年以上シャンシャンを上野で飼育できる。皆さんに見ていただく」と発表しました。

 多くの人に愛されてすくすくと成長を続けるシャンシャンは、6月12日で2歳の誕生日を迎えます。シャンシャンの所有権を持っているのは東京都ではなく中国の野生動物保護協会で、満2歳になる時期に中国側に返還することが決まっていました。東京都は、都民などから「できるだけ長くシャンシャンにいてほしい」という要望が多くあったため、延期に向けた協議を進めていました。