東京都議会、コロナ対策補正予算案を審議

 東京都議会の第1回定例会が開会し、新型コロナウイルス対策に401億円を計上する補正予算案や、2020年度の当初予算案が提出されました。東京都の小池知事は「事態は新たな局面を迎え、予断を許さない」として、対策の必要性を強調しました。 新型コロナウイルスの感染拡大や経済への影響を防ぐためのおよそ401億円の東京都補正予算案は、検査体制の強化などの緊急対応におよそ9億円▽防護服の備蓄など今後の備えにおよそ26億円▽影響が広がり続ける都内の企業に向けた緊急融資などの支援におよそ364億円が充てられます。 都政担当記者による解説も併せて、動画でご覧ください。