上野動物園のパンダ、5年延長へ調整 最新映像も!

 東京・台東区にある上野動物園の人気者、ジャイアントパンダのリーリーとシンシンについて、東京都が中国側と貸与期間をおよそ5年間延長する方向で調整していることが分かりました。 上野動物園には現在3頭のパンダがいますが、所有権は中国にあり、リーリーとシンシンは2021年2月に返還の期限を迎えます。動物園の人気者で都民からの要望も多いことなどから、中国側とおよそ5年間貸与期間を延長する方向で調整していることが分かりました。 都は9月に新しいパンダの飼育施設「パンダのもり」を造り、リーリーとシンシンの飼育延長に向けた環境を整えていて、年末までに中国側の合意を得たい考えです。3歳になったシャンシャンは年末までに中国に返還されることになっています。 最新の映像などをまとめました。動画でお楽しみください。