都民対象の「もっとTokyo」受付開始 高級ホテルの滞在が“実質無料”のプランも

記事まとめ

  • 東京都の観光促進事業「もっとTokyo」が、10月23日から予約受け付けが始まった
  • GoToトラベルと割引が併用可能で、ホテルニューオータニは3人で泊まると実質無料に
  • 都内の島しょ地域への観光促進策で島内で使えるプレミアム付き宿泊旅行商品券も販売

都民対象の「もっとTokyo」開始 高級ホテルが実質無料も…

 東京都民が都内で楽しむ旅行を助成する東京都の観光促進事業の予約が始まりました。高級ホテルの滞在が“実質無料”というお得なプランも登場しています。 10月23日から予約の受け付けが始まった東京都の「もっと楽しもう!Tokyo Tokyo」(略称「もっとTokyo」)事業は、政府のGoToトラベルキャンペーンと割引が併用することができる観光促進事業です。 宿泊旅行の場合、助成額は1人1泊5000円で、対象となる旅行や宿泊プランはGoToキャンペーンと併用の場合9000円以上、併用しない場合6000円以上です。例えば9000円の旅行の場合、自己負担額は850円です。 千代田区にあるホテルニューオータニは3人で泊まると実質無料で泊まれるプランを打ち出しました。もともとは1泊およそ3万円ですが、GoToトラベルキャンペーンで宿泊料金が35%オフ、また「もっとTokyo」で1人当たり5000円の助成=3人分で1万5000円オフとなり、総支払額は5000円になります。さらに5000円分のGoToトラベル「地域共通クーポン」がもらえるため、実質無料で宿泊できます。 また、都内の島しょ地域への観光促進策として、8000円で1万円分が島内で使えるプレミアム付き宿泊旅行商品券「しまぽ通貨」の販売も始まりました。旅行代金を現地で支払う場合は、GoToキャンペーンや都の助成事業と併用することもできます。 東京都の小池知事は23日の定例会見で、旅行者も事業者も感染対策をしっかりした上で臨んでほしいと呼び掛けました。