東京都の中小企業支援策「ピンチをチャンスに」

 東京都内の中小事業者の振興策を考える東京都の会議が開かれ、2021年度に向けた方針として「ピンチをチャンスと捉え、新たな飛躍を実現するための政策」を展開する考えが示されました。 東京都庁で開かれた有識者会議では、出席した委員から新型コロナによる中小事業者への影響が続いている現状が報告されました。一方、東京都側は中小事業者への政策方針案として「ピンチこそチャンスと捉え、新たな飛躍を実現する施策」を展開する考えを表明しました。複数事業の展開による経営リスクの分散や、コロナを踏まえた「新しい日常」に対応した販路開拓などを支援していく考えを示しました。 また、小笠原村の森下村長と東京都の小池知事がコロナ対策について意見交換し、森下村長は今後も継続した財政支援を求めました。