「令和」新紙幣で経済効果2兆円!? 肖像の3D画像が回転、ホログラムを世界初採用

麻生太郎氏が令和時代の24年度から紙幣を全面的に刷新すると発表 経済効果は2兆円か

記事まとめ

  • 紙幣を全面的に刷新し、令和時代の24年度から発行すると麻生太郎財務相が発表した
  • 一万円札の肖像画は渋沢栄一、五千円札は津田梅子、千円札は北里柴三郎となる
  • 偽札の鑑別技術などがIRにも幅広く導入される可能性もあり、経済効果は2兆円ともいう

「令和」新紙幣で経済効果2兆円!? 肖像の3D画像が回転、ホログラムを世界初採用

「令和」新紙幣で経済効果2兆円!? 肖像の3D画像が回転、ホログラムを世界初採用

新紙幣のイメージを発表する麻生財務相。一万円札は渋沢栄一、五千円札は津田梅子、千円札は北里柴三郎の肖像となる(左から)=9日、財務省

 令和の時代に紙幣も一新へ。麻生太郎財務相は9日の記者会見で、一万円、五千円、千円の紙幣(日本銀行券)を全面的に刷新すると発表した。一万円札の肖像画に日本の資本主義の父とされる渋沢栄一、五千円札に津田塾大の創始者で女性教育の先駆けとなった津田梅子、千円札に近代医学の発展に貢献した北里柴三郎を採用する。

 新紙幣は2024年度上期から発行する。紙幣の刷新は04年以来、20年ぶり。一万円札の肖像は1984年に聖徳太子から福沢諭吉になって以来の変更となる。刷新後も現在の紙幣は引き続いて使用できる。

 渋沢栄一はみずほ銀行の前身の一つである「第一国立銀行」や王子製紙などの設立に関わった。

 津田梅子は幼少期から米国に留学し、帰国後に津田塾大の前身「女子英学塾」を創設。女子の英語教育に貢献した。

 北里柴三郎は破傷風の治療法を確立したほか、ペスト菌の発見でも知られる。現在の慶応大医学部を創設し、日本医師会の初代会長にも就いた。

 裏面は一万円札に東京駅丸の内駅舎、五千円札に藤の花、千円札に葛飾北斎の富嶽三十六景「神奈川沖浪裏」を採用する。五百円硬貨も素材などを変更し、21年度上期から発行する。

 二千円札は「流通枚数が少ない」として改定しない方針も示した。

 紙幣の刷新は、最新の偽造防止技術を反映させるのが主な目的で、最新技術を取り入れる。

 紙面を光にすかして見ると図柄が浮かび上がる高精細の「すき入れ」の技術を導入するほか、肖像の3D画像の向きが変わって見えるホログラムも世界で初めて紙幣に採用。

 多くの人にとって使いやすいように額面の数字は大型化し、指の感触で紙幣の違いを認識できる工夫も施す。紙幣を識別するための固有の番号である「記番号」は現行の最大9桁から10桁へ増える予定だ。

 前回の紙幣刷新の際に、大手シンクタンクは経済波及効果は約1兆円と試算した。

 今回は偽札の鑑別技術などが、IR(カジノを含む統合リゾート)にも幅広く導入される可能性もあり、2兆円規模の効果も期待できそうだ。

 新札流通でタンス預金が動き出せば消費を喚起するが、キャッシュレス化も進行していることから、中長期的な効果は限定的との見方もある。

関連記事(外部サイト)