韓国に“弱腰”岩屋防衛相へ批判集中! 自民・国防族の怒り爆発「笑顔で握手…怒りを禁じ得ない」

韓国に“弱腰”岩屋防衛相へ批判集中! 自民・国防族の怒り爆発「笑顔で握手…怒りを禁じ得ない」

自民党勉強会では岩屋氏への批判が噴出した=5日、自民党本部

 自民党の国防族が大爆発した−。岩屋毅防衛相が、韓国海軍駆逐艦による海上自衛隊哨戒機へのレーダー照射事件の決着を付けないで、韓国の鄭景斗(チョン・ギョンドゥ)国防相と非公式会談したことに、党国防部会などの合同勉強会で5日、猛烈な批判が浴びせられたのだ。岩屋氏には、22万人の陸海空自衛隊を指揮する資質が問われている。

 「現場で命をかけ、警戒監視にあたる隊員らの気持ちを考えてほしい」「(岩屋氏が)韓国国防相と会談し、笑顔で握手する写真まで出た。怒りを禁じ得ない。(事務方は会談を)国益のため止めるべきだった」

 航空自衛隊出身の宇都(うと)隆史参院議員は合同勉強会で、こう怒りをぶつけた。

 岩屋氏は1日、シンガポールでの国際会議に合わせて、鄭氏と会談した。韓国側がレーダー照射事件の事実関係を認めず、謝罪もしないうちに、トップ会談を強行して、勝手に友好ムードを演出しようとした。

 宇都氏は「レーダー照射問題などのカタが付かない限り、韓国との『未来志向』はない」と言い切ったが、当然だ。

 防衛省幹部は「岩屋大臣には『日韓でいろいろな問題があるからこそ、会談すべきだ』との思いがあった。レーダー照射を棚上げしたのではない」と説明したが、国防の現場では「弱腰大臣」への幻滅と失望が広がっている。

 小野寺五典前防衛相は終了後、「しっかりと日本の持つ懸念を相手に申し伝えることが大事だ。防衛省が正確な情報を出しても、韓国からは恣意(しい)的な反論が返ってくる。相手に変に利用されてはダメなのだ」と、記者団を通じて苦言を呈した。

関連記事(外部サイト)