「不徳のいたすところ」 塚田前国交副大臣が新潟県議団に陳謝

「不徳のいたすところ」 塚田前国交副大臣が新潟県議団に陳謝

国の道路整備を巡る「忖度(そんたく)」発言について自民党新潟県議団に経緯を説明した後、記者団の前で頭を下げる塚田一郎・前国土交通副大臣(参院新潟選挙区)=8日、新潟市中央区(池田証志撮影)

 国の道路整備を巡る「忖度(そんたく)」発言で国土交通副大臣を辞任した塚田一郎参院議員(新潟選挙区)は8日、新潟市内で開かれた自民党新潟県議団の会合に出席し、「自分の不徳のいたすところで、反省している」と謝罪した。塚田氏は同党県連会長を務めているが、会合では「副大臣の立場での発言。県連とは関係ない」として続投することが確認された。

 この日の会合で塚田氏は一連の経緯を説明した上で謝罪し、「今後は信頼回復に向けて県内をおわび行脚したい」と話した。これに対し、柄沢正三県連幹事長は「副大臣の立場で行った中での失言で、辞任でけじめをつけた。県連とは直接関係ない」として、塚田氏の会長続投を容認する考えを示した。県議団からは厳しい意見も出たが、会長続投に異論はなかったという。

 この後、記者団の取材に応じた塚田氏は、問題となっている国の道路整備について「公正な判断のもとに決定された。政治的な特別な配慮はなかった」と改めて「忖度」を否定。その上で「(県議団から)真摯(しんし)に反省して県内を歩き、多くの県民の信頼回復に努めるようにと厳しい意見をいただいた。肝に銘じて県内をしっかり歩き、おわびをしていきたい」と話した。

 塚田氏は今夏の次期参院選で新潟選挙区(改選数1)からの出馬を予定している。選挙については「多くの県民にご迷惑をかけた。おわびから始め、しっかりと取り組んでいきたい」と語った。

 塚田氏は1日、北九州市で開催された福岡県知事選の応援集会で、安倍晋三首相の地元の山口県下関市と、麻生太郎副総理兼財務相の地元の福岡県を結ぶ下関北九州道路の国直轄調査について「忖度した」と発言し、問題化していた。

関連記事(外部サイト)