河野外相が駐日韓国大使に「禁輸措置撤廃求める」

 河野太郎外相は12日午前、離任が決まった李洙勲(イ・スフン)駐日韓国大使と外務省で面会し、韓国による福島や茨城など8県産の水産物輸入禁止措置をめぐる紛争で世界貿易機関(WTO)の上級委員会が禁輸措置は妥当との最終判断を下したことに関し、「韓国との2国間協議を通じ、輸入禁止の撤廃を働きかけていきたい」と述べ、今後も禁輸措置撤廃を求める考えを示した。

 河野氏は、日本産食品が韓国の安全基準をクリアするとした紛争処理小委員会(パネル)の事実認定が維持されたことについて「喜ばしい」とも述べた。

関連記事(外部サイト)