厚労省に介護業務効率化のWG発足へ 自民・小泉進次郎氏「人に向き合う現場に」

厚労省に介護業務効率化のWG発足へ 自民・小泉進次郎氏「人に向き合う現場に」

介護職員の事務負担軽減に取り組む自民党の小泉進次郎厚生労働部会長(中央)=15日午後、東京都台東区(奥原慎平撮影)

 自民党の小泉進次郎厚生労働部会長は15日、介護現場での事務負担の軽減を検討するワーキング・グループ(WG)が厚労省の社会保障審議会に設置されることを明らかにした。タブレット端末を活用したペーパーレス化などを通じ、業務の効率化を図る。

 小泉氏が主導する党の「国民起点プロジェクトチーム」の活動で、東京都内の有料老人ホームを視察した後、記者会見した。

 介護現場では自治体への申請書類やケア記録の作成に、食事やトイレの介助とほぼ同じ時間がかかっているとのデータがある。小泉氏は会見で「人に向き合う介護本来の業務に力を割くことができる現場をつくりたい」と強調した。

 WGは自治体の担当者や介護事業者らで構成し、自治体ごとに異なる書類の統一や、タブレット端末導入などIT化の推進を検討する。年内にも結論を出すことを目指す。

関連記事(外部サイト)