オール沖縄が高良氏支援 参院選沖縄選挙区

オール沖縄が高良氏支援 参院選沖縄選挙区

オール沖縄の支援を受け、参院選に出馬する無所属、新人の高良鉄美氏(中央)=7日昼、那覇市内

 夏の参院選沖縄選挙区をめぐり、共産党や社民党などでつくる「オール沖縄」勢力は7日、那覇市内で記者会見を開き、無所属で新人の元琉球大院教授、高良鉄美氏(65)を支援する方針を発表した。地域政党、沖縄社会大衆党が高良氏を擁立したことについて現職の糸数慶子氏(71)から高良氏に差し替えた過程が不透明だとして、玉城デニー知事の後援会長らが選考のやり直しを求めていた。

 記者会見には高良氏と糸数氏も同席した。糸数氏は「県民と一緒に勝ち取った平和の一議席こそ高良さんにバトンタッチすべきものだ」と高良氏を支援する意向を表明した。糸数氏については、衆院沖縄4区に擁立する動きがある。

 高良氏は米軍普天間飛行場(宜野湾市)の名護市辺野古移設に反対する考えを示した。安倍晋三政権が目指す憲法改正については「9条の改憲により沖縄がさらに要塞化していく」と批判した。

関連記事(外部サイト)