二階氏、野党共闘に「いかなる場合も受けて立つ」

二階氏、野党共闘に「いかなる場合も受けて立つ」

安倍晋三首相との会談を終え記者団の質問に答える自民党・二階俊博幹事長=7日午後、首相官邸(春名中撮影)

 自民党の二階俊博幹事長は7日の記者会見で、野党が夏に衆参同日選が実施される場合に備えて候補調整など共闘体制の構築を進めていることについて「いかなる場合も十分受けて立つ用意はある。いつでも結構だ。お望みの時期に、わが方は準備を整えている」と強調した。

 二階氏は「われわれ(衆院議員)はいかなるときにも、選挙に備えなければいけない。それは宿命だ」と述べた。同日選の可能性については「誰も目算があって言っているわけではない」と否定的な考えを重ねて示した。

関連記事(外部サイト)