自民加藤氏、景気は「リーマン級でない」

自民加藤氏、景気は「リーマン級でない」

自民党総務会に臨む(左奥から)甘利明選対委員長、加藤勝信総務会長、二階俊博幹事長、岸田文雄政調会長=14日午前、国会内(春名中撮影)

 自民党の加藤勝信総務会長は14日の記者会見で、3月の景気動向指数での基調判断が「悪化」に下方修正されたことについて「中国経済が鈍化し、日本経済に影響している」と分析した上で「所得や雇用の堅調さは続いている。リーマン・ショック級の状況にないと認識している」と述べた。

 10月予定の消費税率10%への引き上げに関しては「リーマン・ショック級の出来事が起こらない限り引き上げるというスタンスは変わらない。引き上げていく環境をしっかり作ることが大事だ」と述べた。

関連記事(外部サイト)