自民・甘利氏 島根の参院選特定枠「県の意思を反映できるよう配慮」

自民・甘利氏 島根の参院選特定枠「県の意思を反映できるよう配慮」

自民党の甘利明選挙対策委員長=東京・永田町(宮崎瑞穂撮影)

 自民党の甘利明選対委員長は15日、夏の参院選比例代表で優先的に当選させられる「特定枠」に島根県の候補者を擁立する方針について「それぞれの県の意思が国政に反映できるように、県の代表をしっかりと確保していくことに十分な配慮をしていきたい」と述べた。党本部で記者団の取材に答えた。

 「鳥取・島根」合区に伴い、特定枠での処遇が決まっていた島根選挙区選出の島田三郎参院議員が8日、死去した。自民党の二階俊博幹事長と甘利氏は14日、島根県連所属の細田博之元総務会長らの要請を受け、島田氏に代わる県の候補者を特定枠に擁立する方針を確認している。

 甘利氏は、候補者の選考について「党本部が主導し、県連とすり合わせをしながら進めていく」と語った。

関連記事(外部サイト)