自民、外国人受け入れへ提言了承

 自民党の外国人労働力受け入れに関する合同会議は3日、外国人材の受け入れと共生社会の実現に向けた提言案を了承した。外国人労働者が賃金の高い都市部に集中するのを防ぎ、地方への定着を図るため、政府に財政支援や対策を行うよう求めた。この日の会議での意見を踏まえ、「就職氷河期世代」の引きこもり問題を念頭に、国内人材への対応なども盛り込み、党政調に提出する見通しだ。

関連記事(外部サイト)