自民・二階氏、都連の選考委員会設置に「健闘を祈りたい」

 自民党の二階俊博幹事長は3日の記者会見で、党東京都連が来年の都知事選の候補者擁立のために選考委員会の設置を決定したことについて「3年前からやってないといけない」と苦言を呈しつつ、「まだ間に合うから、しっかりやっていただきたい。健闘を祈りたい」と述べた。

 二階氏は都議会で自民党都議と対立する小池百合子知事が再選を目指して出馬をした場合、小池氏を支持する考えをすでに示している。だが、この日の会見では「私は党の人間だ。東京都連がこれからどうするかをよく検討して、次のステップを考えていけばいい。かたくなな考えを持ってるわけではない」と語った。

関連記事(外部サイト)