自民・小泉氏 丸山氏の糾弾決議採決時に退席

自民・小泉氏 丸山氏の糾弾決議採決時に退席

衆議院改革実現会議「平成のうちに」で発言する小泉進次郎氏=4日4日午後、国会内(春名中撮影)

 自民党の小泉進次郎厚生労働部会長は6日の衆院本会議で北方領土を戦争で取り返す是非に言及した丸山穂高衆院議員に対する糾弾決議案を採決する際に退席した。本会議後、小泉氏は「丸山氏の言動はかばえるものは何もないが、議員の出処進退は議員が判断すべきだ」と記者団に語った。

 小泉氏は「選挙で丸山氏の名前を書いた人は大勢いる。そういう人を国会が裁くというのは今回の問題の解決としては違うのではないか。議員の任期中の政治活動が判断されるのは、まさに選挙だ」と強調した。

 また、小泉氏は安倍晋三首相の通算在職日数が歴代3位となったことに関して長期政権の是非を問われ、「毎年首相が替わることからいえば、間違いなく長期安定政権の方がメリットが大きい」と語った。

関連記事(外部サイト)