萩生田氏、「2000万円蓄え」の金融庁報告書は「評価に値しない」

 自民党の萩生田光一幹事長代行は11日午前の記者会見で、95歳まで生きるには夫婦で2000万円の蓄えが必要と試算した金融庁金融審議会の報告書について「不安や誤解を広げるだけの報告書で、評価に値しないものだとわれわれは思っている」と述べた。

 萩生田氏は「金融庁がこの時期に、何を目的でこういう報告書を作ったかを明らかにしてほしい」と強調し、「直ちに年金制度に影響与えるかのような不安を払拭できるよう、政府と一体となって説明し、参院選で誤解のないように対応していきたい」と語った。

関連記事(外部サイト)