自民・森山国対委員長 金融庁報告書は「極めて遺憾」

自民・森山国対委員長 金融庁報告書は「極めて遺憾」

自民役員連絡会・森山裕国対委員長=11日午前、国会内(春名中撮影)

 自民党の森山裕国対委員長は11日の記者会見で、95歳まで生きるには夫婦で2千万円の蓄えが必要と試算した金融庁金融審議会の報告書について「一時的にせよ、国民の皆さんに誤解や不安を与えたことは極めて遺憾なことだ」と述べた。

 報告書をめぐっては、麻生太郎財務相兼金融担当相が正式な報告書として受け取らないと表明。自民党は金融庁に撤回を要求した。

 森山氏は、野党が求めている衆参両院の予算委員会の開催については「報告書そのものがなくなった」として、開催に否定的な考えを示した。

関連記事(外部サイト)