首相、イランに出発「地域の平和と安定に向けて、日本の役割を果たしたい」

 安倍晋三首相は12日午前、イラン訪問のため、政府専用機で羽田空港を出発した。滞在中、最高指導者ハメネイ師やロウハニ大統領とそれぞれ会談する。

 首相は米国とイランの軍事的緊張の高まりを踏まえ「国際社会の注目が集まる中、地域の平和と安定に向けて、日本としてできる限りの役割を果していきたい」と羽田空港で記者団に述べた。

 ハメネイ師やロウハニ師との会談については「日本とイランの伝統的な友好関係の上に、緊張緩和に向けて率直な意見交換を行いたい」と語った。

 現職首相のイラン訪問は昭和53(1978)年の福田赳夫氏以来約41年ぶりで、1979年のイラン革命後初めて。

 首相はロウハニ師と12日午後(日本時間同)、ハメネイ師と13日午前(同午後)に会談する。それぞれの会談には河野太郎外相が同席する。

 首相は会談で、2015年の核合意への支持を改めて表明する見通し。米国の対イラン経済制裁に伴う同国産原油の全面禁輸への対応も話し合うとみられる。首相は14日に帰国する。

関連記事(外部サイト)