国民、参院選鹿児島の公認を取り下げ

 国民民主党は12日の総務会で、夏の参院選鹿児島選挙区(改選数1)から立候補を予定していた新人で行政書士の合原千尋氏(39)の公認を取り下げた。同選挙区では社民党が合原氏を無所属にすることなどを条件に独自候補の擁立を見送る考えを示していた。

 総務会ではまた、元横浜市議の酒井亮介氏(47)と、国会議員秘書の中沢健氏(64)の新人2人を比例代表で擁立することを決めた。

 このほか、岩手と新潟両選挙区(いずれも改選数1)からそれぞれ無所属での出馬を予定している元チェアスキー選手の横沢高徳氏(47)と、弁護士の打越さく良氏(51)への推薦を確認した。立憲民主党が京都選挙区(改選数2)と岡山選挙区(同1)に公認候補として擁立する増原裕子氏(41)と原田謙介氏(33)への支持も決めた。

関連記事(外部サイト)