安倍首相発言全文「ハメネイ師は核兵器を製造も保有も使用もしないと発言」

 イランを訪問中の安倍晋三首相は13日午後(日本時間同)、最高指導者ハメネイ師との会談に関し「ハメネイ師からは核兵器を製造も保有も使用もしない。その意図はないし、するべきではないとの発言があった」と述べた。首都テヘランでハメネイ師と会談後、同行記者団に明らかにした。首相の発言全文は以下の通り。

◇      

 先般、トランプ米大統領と会談をした際、トランプ氏からは事態のエスカレートは望んでいないとの旨の発言がありました。詳細については控えたいと思いますが、トランプ氏とは今まで何度か意見交換を行い、お話をうかがっております。トランプ氏がどのような意図を持っているのか、私の見方として、ハメネイ師に率直にお話をいたしました。

 緊張の高まりが懸念され、互いに複雑な国民感情がありますが、そうした状況だからこそ、関係国のトップ同士がともに緊張緩和に向けた意思を持っていることが極めて重要です。昨日、ロウハニ大統領からは戦争は望んでいないとの明確な発言がありました。本日はイランの最高指導者であるハメネイ師と直接お目にかかり、平和への信念をうかがうことができました。これは、この地域の平和と安定の確保に向けた大きな前進であると評価しています。

 ハメネイ師からは、核兵器を製造も保有も使用もしない。その意図はない、するべきではないとの発言がありました。緊張緩和に向けた道のりは大変困難を伴うものでありますが、この地域の平和と、世界の平和と安定のためにこれからも努力を重ねていきたいと考えています。(テヘラン 沢田大典)

関連記事(外部サイト)