タンカー攻撃「米と連携し情報交換」 菅官房長官

タンカー攻撃「米と連携し情報交換」 菅官房長官

会見に臨む菅義偉官房長官=14日、首相官邸(春名中撮影)

 菅義偉(すがよしひで)官房長官は14日午前の記者会見で、イラン沖のホルムズ海峡付近で日本などのタンカー2隻が攻撃されたことに関し「米国と緊密に連携を取って情報交換を行っている。詳細は情報収集中で、背景も含め予断を持って発言することは控えたい」と述べた。

 タンカー攻撃をめぐってはポンペオ米国務長官がイランの責任を指摘。安倍晋三首相がイラン訪問中だったことに触れ「日本のタンカーを攻撃することで日本を侮辱した」と批判した。菅氏は首相の訪問と攻撃の関連性については言及を避け「首相の訪問はイランも高く評価している」と語るにとどめた。

 首相はイラン訪問で、最高指導者ハメネイ師とロウハニ大統領と会談した。菅氏は「ハメネイ師から平和への信念を聞き、核兵器を製造も保有も使用もしないとの発言があった。地域の平和と安定確保に向けて大きな前進だ」と評価。その上で「緊張緩和への道のりは困難を伴うが、米国と緊密に連携を取りながら中東地域の平和と安定に向け努力していく」と強調した。

 一方、首相は14日、政府専用機で羽田空港に帰国した。近くトランプ米大統領と電話会談し、イラン訪問の結果を説明する方針だ。

関連記事(外部サイト)