党首討論、19日開催 正式決定 「老後資金2000万円」めぐり論戦

 衆参両院の国家基本政策委員会は14日の合同幹事会で、安倍晋三首相と野党党首による党首討論を19日午後に開くことを正式に決めた。党首討論は昨年6月以来、今国会では初となる。老後資金に2000万円が必要とした金融庁金融審議会の報告書などをめぐり、立憲民主党の枝野幸男代表らが論戦を挑む。党首討論は45分間で、立憲民主党が20分、国民民主党が14分、共産党と日本維新の会がそれぞれ5分30秒となる。

関連記事(外部サイト)