GSOMIA破棄 中谷氏「北に利するだけ」 韓国の安保に影響も

【韓国がGSOMIA破棄】中谷元・元防衛相「常軌を逸した決定」と批判

記事まとめ

  • 韓国は22日、日韓軍事情報包括保護協定(GSOMIA)の破棄を決めた
  • 自民党の中谷元・元防衛相はこれについて「常軌を逸した決定だ」と韓国を批判
  • 「韓国側にとっても大事な軍事情報が入らなくなる」と指摘した

GSOMIA破棄 中谷氏「北に利するだけ」 韓国の安保に影響も

GSOMIA破棄 中谷氏「北に利するだけ」 韓国の安保に影響も

中谷元・元防衛相

 韓国が日本との軍事情報包括保護協定(GSOMIA)の破棄を決めたことについて、自民党の中谷元・元防衛相は22日夜「北朝鮮を利するだけで、常軌を逸した判断だ」と批判した。GSOMIAは安全保障に関する情報共有を密にするための取り決めで、北のミサイルに関する電波情報や情報収集衛星の画像もやりとりする。北朝鮮がミサイルを相次ぎ発射する中で、今回の決定は韓国の安全保障にも影響を与えかねない。

 GSOMIAは互いの機密情報を提供し合う枠組みだが、北朝鮮関連の情報では日本より韓国側がより多くの情報を握っている。

 ただ、自民党幹部は「米国との情報ラインがしっかりしていれば大きな実害は出ない。日本側が譲歩する必要はない」と強調する。日本が哨戒機や情報収集衛星で集めた情報が韓国にとって役立つことも多く、決定は韓国が自らの首を絞めることにもつながる。

 加えて、GSOMIAは事実上日韓だけでなく日米韓の枠組みだ。日米や米韓で保護協定を結んでも、日韓が不通では3カ国による有機的な情報共有はできない。中谷氏は「今は日米韓の関係強化が重要な局面だ。米国は相当怒ったのでないか」と指摘した。

関連記事(外部サイト)